NXP、次世代車載アプリケーション向けに30倍の性能向上を実現する車載グレード・ディープ・ラーニング・ツールキットを発表

 

■ハイライト

 ●ニューラル・ネットワークの迅速な導入によりお客様の効率を最大化

 ●ソフトウェア、ツール、車載グレード推論エンジンで構成されるディープ・ラーニング・ツールキットを提供

 ●NXPのS32Vプロセッサ・ファミリとの高度な統合により、ADAS開発を容易に

 世界最大の車載半導体プロバイダであるNXP Semiconductorsは、車載グレードのディープ・ラーニング(深層学習)ツールキットeIQ Autoを発表し、eIQソフトウェア・マシン・ラーニング(機械学習)開発環境を拡充しました。新ツールキットにより、お客様は開発段階から厳格な車載標準に適合するAIアプリケーション量産実用化への迅速な移行が可能になります。eIQ Autoはビジョン、ドライバー・リプレイスメント、センサ・フュージョン、ドライバー・モニタリングなどの新たな車載アプリケーションへのディープ・ラーニングベース・アルゴリズムの適用を可能にします。

 お客様はPCデスクトップ/クラウド/GPU環境上での車載製品開発が可能になり、サポートされているS32プロセッサ上に自身のカスタム・ニューラル・ネットワークを実装できます。NXPのツールキットと車載グレードの推論エンジンは、安全要件の厳しいアプリケーションでのニューラル・ネットワークの導入を容易にします。その好例の1つが、ビジョンベース・システムでの従来型コンピューター・ビジョン・アルゴリズムからディープ・ラーニングベース・アルゴリズムへの移行の迅速化です。

 ディープ・ラーニングは「従来型」コンピューター・ビジョン・アルゴリズムに対し、物体検出/分類においてより優れた精度と保全性を提供することが可能ですが、車載システムへのフル導入にあたっては、複雑さやコスト急増などの複数の障壁が存在します。

 eIQ Autoツールキットはディープ・ラーニング・アルゴリズムの各レイヤ向けに最適な内蔵コンピューティング・エンジンの選択機能にてプログラミングに必要な投資コストを低減することにより、お客様による迅速な市場投入を可能にします。自動化された当該選択プロセスにより、他の組み込みディープ・ラーニング・フレームワークと比較して、既存モデルに対し30倍の性能向上を実現します。この高い性能は開発期間と労力を低減しながら、使用可能なプロセッサ内蔵コンピューティング・リソースを最適化することで実現しています(注1)。こうしたメリットにより、開発者はアプリケーションの評価、チューニング、実装が可能になり、全体的な性能を最大化できます。

 eIQ AutoとS32Vの統合による大きなメリットとなっているのが、車載グレード・アプリケーションの開発におけるスタンダードと機能安全要件への準拠です。eIQ Autoの推論エンジンは厳格な要件に従って開発されており、Automotive SPICE(R)に準拠しています。S32VプロセッサはASIL-CまでのISO 26262、IEC 61508、DO 178をサポートする最高レベルの機能安全を提供します。

 NXPの副社長兼ADAS担当ゼネラル・マネージャーのKamal Khouriは、次のようにコメントしています。「現在の自動運転テスト車に実装されているような次世代車載アプリケーションはサイズと消費電力が大きく、量産車向けには実用的ではありません。新しいeIQツールキットによりお客様は、組み込みプロセッサ環境で最高レベルの安全性と信頼性を備えた強力なニューラル・ネットワークの導入が可能になります」。

 NXPのeIQ Autoディープ・ラーニング・ツールキットと車載認証済みS32Vは、次世代車載アプリケーション向けに性能、安全性、品質の強固な基盤を提供します。

■NXPのeIQ Autoツールキットの構成:

 ●統合APIとランタイム・バックエンド選択が可能で、複数の実行オプションをサポート

 ●最も高効率のアクセラレータ上へのタスク・スケジューリングによって性能の最適化が可能なA-SPICE準拠推論エンジン

 ●最新のCNN/ネットワークのサポート

 ●最適化されたレイヤとネットワークのライブラリ

■eIQマシン・ラーニング・ソフトウェアについて

 NXP(R)eIQ(TM)マシン・ラーニング・ソフトウェア開発環境はNXPのMCU、i.MX RTクロスオーバー・プロセッサ、i.MXファミリSoC上でのMLアルゴリズムの使用を可能にします。eIQソフトウェアとeIQ Autoツールキットは、推論エンジン、ニューラル・ネットワーク・コンパイラ、最適化されたライブラリで構成されています。詳細については、 http://www.nxp.com/eiq と http://www.nxp.com/eiqauto をご覧ください。

 注1:NXPの社内ベンチマークに基づく。S32V234上のデュアルAPEX-2で駆動し、浮動小数点付きシングル・スレッドTensorFlow(TF)LiteモデルとeIQ量子化バージョンを使用して比較。

■NXP Semiconductorsについて

 NXP Semiconductorsは、よりスマートな世界を実現するセキュア・コネクションを可能にし、人々の生活をより便利に、より良く、より安全にするソリューションを推進しています。組み込みアプリケーション向けのセキュアなコネクティビティ・ソリューションで世界をリードするNXPは、オートモーティブ、インダストリアル&IoT、モバイル、通信インフラ市場における技術革新をけん引しています。60年以上にわたって蓄積した経験と技術を活かし、NXPは世界30か国強で3万名を超える従業員を擁しています。2018年の売上高は94.1億米ドルでした。詳細はWebサイト http://www.nxp.com をご覧ください。

 NXPジャパンはNXP Semiconductorsが開発および製造するプロセッシング・ソリューション、認証技術、コネクティビティ、高出力RFやアナログ製品などを日本市場に提供しています。本社は東京都渋谷区で、名古屋および大阪に営業所があります。詳細はWebサイト http://www.nxp.jp (日本語)をご覧ください。

 NXP、NXPロゴはNXP B.Vの商標です。他の製品名、サービス名は、それぞれの所有者に帰属します。All rights reserved.(C)2019 NXP B.V.