マクニカ アルティマ カンパニー、最新のワークロード向けに最適なコンポーザブル・インフラストラクチャを提供する DriveScale 社と代理店契約を締結

〜TCO 削減を実現し、パブリッククラウドのような柔軟性を兼ね備えたコンポーザブル・インフラストラクチャ・ソリューションを提供〜

 

 半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス/ソリューション・プロバイダーの株式会社マクニカ(以下マクニカ、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-6-3、代表取締役社長:原 一将、資本金111億94百万円)アルティマ カンパニーは、この度、コンポーザブル・インフラストラクチャ市場のリーダーであるDriveScale,Inc.(ドライブスケール、以下DriveScale社、本社:アメリカ、CEO:Gene Banman)が提供するコンポーザブル・インフラストラクチャ・ソリューションの取り扱いを開始したことを発表いたします。

 昨今、日本全体で様々な産業でのデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)が進んでおり、特にビッグデータ、AIといった新たなワークロードに応じたITインフラへの対応が求められています。オンプレミスで様々なワークロードのアプリケーションに対応していくためには、柔軟かつ俊敏にコンピュートとストレージリソースを潤沢に確保することが必須です。一方、パブリッククラウドを使用することによりこれらに対応していくことも有効な手段となりますが、データを頻繁にクラウド上から引き出すことはコスト面でネガティブな要因となります。

 DriveScale社が提供するコンポーザブル・インフラストラクチャ(※)は、コンピュートリソースとストレージリソースが分離され、ユーザーはわずかな時間でアプリケーション毎に最適なリソースを準備することができます。また、ワークロードに応じたストレージリソース(HDD、SSD、NVMe SSD)を柔軟に構成することができるためオーバープロビジョニングがなく、従来のオンプレミス基盤に比べ圧倒的に効率的なリソース活用が可能となります。DriveScale社のソリューションを活用することで、大幅なTCO削減(最大で75%削減)を実現し、かつパブリッククラウドのような柔軟性と俊敏性を兼ね備えたオンプレ基盤を手に入れることができます。

 ※コンポーザブル・インフラストラクチャ(Composable Infrastructure)

  分離されたコンピューティング・ストレージ、およびネットワークファブリックのプールを使用して、サーバーを柔軟に構成する次世代サーバー・インフラストラクチャ。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521351_01.pdf