タイ スマート農業 実証実験へのMOUを締結

〜コメ、トウモロコシをはじめ5作物の実証実験に協力〜

 

 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、2019年9月20日タイ農業省(MOAC)とスマート農業の開発協力に関する基本合意書(MOU)の調印を行いました。

 本合意に基づき、タイ政府が推進するコメ、カッサバ(芋)、トウモロコシ、サトウキビ、パイナップルへのスマート農業実証実験に参画し当社の保有するスマート農業ソリューションを提供します。

 タイのスマート農業推進計画は、政府が国家プロジェクトとして掲げる長期経済開発計画の「タイランド 4.0」に基づき、最新技術を活用した農業の生産性の向上、コストの削減を目指すものであり、タイの主要産業である農業を次世代に向けて発展させる為の重要な実証実験と位置付けられています。

 タイは国土の4割が農地であり、農業がGDPに占める比率や、農地面積、農業雇用、農村人口など多くの関連指標は、他のASEAN諸国と比べても高いものの、1ヘクタールごとの生産性及び品質がASEAN諸国と比較して低いことが課題として挙げられており、今回の実証実験はスマート農業用のビッグデータプラットフォームを今後作成発展させる上で重要な役割を果たします。

 今回トプコンは、タイ農業省とともに農機用の自動操舵(オートステアリング)システム、レーザー式生育センサーCropSpec、整地用のランドレベリングシステムを活用し、生産性の向上、コストの削減効果の検証を実証実験にて行います。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521392_01.pdf