エレベーターなどのビル設備の稼働状況や保全状況を確認できる

ビルオーナー・管理者向けダッシュボード「BUILLINK」を提供開始

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 株式会社日立製作所(執行役社長兼 CEO:東原 敏昭/以下、日立)と、株式会社日立ビルシステム(取締役社長:関 秀明/以下、日立ビルシステム)は、ビル分野におけるLumada(*1)の新ソリューションとして、エレベーターをはじめとするビル設備の稼働状況や保全状況などをPCやスマートフォン上で確認できるビルオーナー・管理者向けダッシュボード「BUILLINK(*2)(ビルリンク)」を2019年11月15日から国内で提供開始します。今後、継続的に機能拡充を図るとともに、アジアを中心にグローバル展開を進めていきます。

 現在、日立ビルシステムは、エレベーターをはじめとする18万台以上のビル設備について、さまざまな稼働データを遠隔でリアルタイムに収集・監視し、データ分析結果をもとにした予防保全を実現する高度な遠隔監視・保全サービスを提供しています。従来、ビル設備の稼働状況についてビルオーナー・管理者が確認したい場合には、日立ビルシステムに連絡いただき、当社から報告する形となっていますが、近年、広域災害時の復旧進捗など、稼働状況を直接把握したいというビルオーナー・管理者のニーズへの対応が課題となっていました。

 今回提供開始する「BUILLINK」は、「見える、つながる、動かせる」をコンセプトに開発したビル設備管理のダッシュボードです。対象のビル設備は、日立ビルシステムが保全サービスを提供しているエレベーターなどの昇降機で、順次、昇降機以外のビル設備に対象を拡大します。ビルオーナー・管理者は、PCやスマートフォン上でシステムにアクセスし、所有・管理する昇降機の稼働状況や保全状況などの各種情報をいつでも確認できます。また、エレベーターの運行制御や、かご内の情報表示の変更、保全レポートの表示など、多様なサービスメニューを提供することで、ビル管理業務の効率化に貢献します。

 日立と日立ビルシステムは、今後も、IoTをはじめとする最先端のデジタル技術を、製品・サービスの開発に幅広く活用し、安全・安心・快適な昇降機や、都市空間におけるお客さまのさまざまな課題解決に貢献するサービスをグローバルに提供し、持続可能な社会の実現に貢献します。

  *1 お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション、サービス、テクノロジーの総称。

  *2 商標出願中。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521411_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521411_02.pdf