製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」の提供を開始

−「設備と人」の状況可視化と先手アクションで、モノづくりの現場の生産性向上を実現−

 

 株式会社日立ソリューションズ東日本(本社:宮城県仙台市、取締役社長:小玉陽一郎)は、製造業の設備と人の状況を可視化し、これまでのデータ分析のノウハウを活用した製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」の提供を開始します。

 労働力人口の不足、働き方改革など、働き手と働く時間の縮小が深刻化する中で、業務の効率化や自動化を実現するためにAI、IoT、RPAといった最新技術への関心は急速に高まっており、これらの技術を活用し、業務の自動化や付加価値の高い業務への人材のシフトなど、モノづくりの現場の生産性向上を実現することは企業にとって重要な課題です。

 こうした背景のもと、製造業のお客様を中心に、「現場の多種大量のデータにAI・IoT技術を適用し生産性や品質向上を実現したい」というニーズが高まっており、この度、「WellLine」を提供することとしました。

 「WellLine」は、IoTとデータ分析を活用した生産性向上のためのアプリケーションで、さまざまな設備の稼働ステータス(運転/停止/障害(エラー)など、お客様の運用に合わせて設定可能)を無線技術を使って簡単に収集することができます。また、無線機能を持つセンサーを内蔵した「サイコロ型デバイス」を使用して、設備の周辺で行われている人の作業を簡単に収集し、同様のセンサーを携帯タグとして作業者が持ち歩くことで、フロア中のどの区画に滞在していたかの履歴も収集することができます。収集した全てのデータは、その都度クラウドにあるデータベースに送信・格納し、即座にアンドンや分析画面、人・設備チャートで可視化が可能になります。

 「WellLine」は、製造現場の設備の稼働データや生産データ、状態データだけでなく、作業員など人の行動を含めたデータを収集し、設備と人の稼動情報をあわせて可視化・分析することによって、非生産・ロス時間を認識し生産性低下の要因を発見することが可能です。「WellLine」を日頃の改善活動に活用することによって生産性の改善に役立てることができます。

 ※図は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521437_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521437_02.pdf