多段エッジコンピューティングを組み合わせたローカル5Gの実証実験を開始

〜目的に合わせ、最適な位置のエッジサーバーからトラフィック制御やセキュリティ機能を提供〜

 

 NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、多段構成のエッジコンピューティングを組み合わせたローカル5Gの実証実験(以下 本実験)環境を構築し、2020年2月より検証を開始します。

 エッジコンピューティングとは、端末から近い位置のサーバーでデータの処理を行うことにより遅延の抑制や可用性の向上などのメリットを得る技術です。NTT Comは、端末からの距離が異なる複数のエッジサーバーを多段で構成し、ニーズに応じて最適な位置におけるデータ処理を可能にする多段エッジコンピューティングの技術開発を進めています。

 本実験では、この技術をローカル5Gと組み合わせることにより、トラフィック制御やセキュリティなどの機能を加えた高付加価値な無線ネットワークを構築し、技術的な検証や、ビジネスへの活用に必要な仕様の検討などを進めていきます。

 また、NTT Comは、ローカル5Gの有効な活用が見込まれる産業オートメーション分野について、同分野における規格の標準化を進める「OPC ファウンデーション」(※1)への参画を2019年内に予定しています。標準規格に対応した技術開発を行うことで、産業オートメーション分野をはじめとしたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献していきます。

1.背景

 ローカル5Gは、超高速、超低遅延で多数同時接続が可能な5Gを、局所的な範囲で利用する形態の無線ネットワークで、企業や自治体が、自らのサービス提供や業務遂行のために構築することが可能です。

 総務省が制度整備を進めており(※2)、年内にも、ローカル5G無線局免許の申請受付が開始される予定です。免許を取得した企業や自治体は、所有する工場やビルなどの建物内や敷地内において、割り当てられた周波数を専有して通信することができるようになり、かつ未登録の機器が接続できないネットワークを構築できることから、セキュアな無線通信環境を利用できるようになります。

 NTT Comは、ビジネスにおけるローカル5Gの普及を見据え、従来培ってきたネットワークやクラウドの技術を活かした高付加価値なサービスの提供に向けて、本実験を開始します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521440_01.pdf