“ソフトバンク”の秋冬商戦向け新商品について

 

 ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の2019-2020年秋冬商戦向け新商品として、スマートフォン(スマホ)4機種と子ども向けケータイ1機種を、2019年10月25日以降順次発売します。

 今回、有効画素数約1,220万画素のトリプルレンズカメラを搭載し、約6.1インチの大画面ながらスリムなデザインで片手でも持ちやすい「Xperia 5」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の他、ディスプレーを搭載した専用ケースで2画面での操作ができる「LG G8X ThinQ(エルジージーエイトエックスシンキュー)」(LGエレクトロニクス製)や、約6.0インチのディスプレーとステレオスピーカーで迫力ある動画が楽しめる「AQUOS sense3 plus」(シャープ製)、高速表示に対応し、速い動きがある映像でも残像を抑えて滑らかに表示できる「AQUOS zero2」(シャープ製)のスマホ計4機種と、多彩な見守り機能により安心して子どもに持たせることができる子ども向けケータイ「キッズフォン2」(セイコーソリューションズ製)を投入し、ラインアップを強化します。なお、国内の通信事業者として唯一、当社が「LG G8X ThinQ」を取り扱います(※1)。

 「Xperia 5」と「LG G8X ThinQ」は、「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」の対象機種です。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521475_01.pdf