第32回東京国際映画祭で、鑑賞者全員が「字幕メガネ」を使って上映作品の体験鑑賞ができる『障がい者並びに多言語バリアフリーイベント』に協力

 

 エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳、以下エヴィクサー)、株式会社サンライズ社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 恒男、以下サンライズ社)、エプソン販売株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴村 文徳、以下エプソン)、NPO法人メディア・アクセス・サポートセンター(所在地:東京都渋谷区、理事長:常世田 良、以下 MASC)、は、第32回東京国際映画祭(開催日程:2019年10月28日〜2019年11月5日)において、2019年10月29日(火)に開催する、聴覚障がい者のためのバリアフリー字幕と解説字幕、訪日外国人のための外国語字幕(英語・中国語)を表示する字幕メガネを使って上映作品が体験鑑賞できるバリアフリー映画鑑賞イベント『障がい者並びに多言語バリアフリーイベント』、主催:一般社団法人映画産業団体連合会(会長:大谷 信義)、一般社団法人日本映画製作者連盟(会長:岡田 裕介)、公益財団法人ユニジャパン(理事長:迫本 淳一)<第32回東京国際映画祭実行委員会:チェアマン:安藤 裕康>に協力します。

 本イベントは、第32回東京国際映画祭において上映される作品「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」を鑑賞される135名の方に、映画の進行に合わせて自動的にバリアフリー字幕と解説字幕を表示する字幕メガネを配布し、その利便性を体験いただくものです。また、同字幕メガネに英語・中国語字幕を表示する多言語バリアフリーも同時に体験いただけます。字幕メガネ用端末は、エプソンのスマートグラス「MOVERIO(モベリオ)」(※1)を用いています。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521577_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521577_02.pdf