「AMFマスター&SESCバンドルパック」をリリース

 

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、AMFマスター&SESCバンドルパックの出荷を10月25日より開始します。

 本製品は、コア・スイッチSwitchBlade x8100シリーズ、SwitchBlade x908 GEN2、CentreCOM x950シリーズ、CentreCOM x930シリーズ用のAMFマスターライセンスに、AMFアプリケーションプロキシーライセンス(※1)、SESC基本ライセンスをバンドルしたパッケージ製品です。セキュリティー対策を取り入れたAMFネットワークの導入の際に、必要なライセンスをまとめてご提供します。

 ●AMFマスターライセンス

  「AMF(Autonomous Management Framework)」は、ネットワーク上のスイッチやルーターを仮想的な1台の機器として統合管理し、管理運用の「一元化」「簡素化」「自律化」によって、管理・運用に関わるコストの削減を実現します。統合管理を行うAMFマスターと、管理対象のAMFメンバーからなり、本ライセンスではAMFメンバーを管理可能なAMFマスター機能をサポートします。

 ●AMFアプリケーションプロキシーライセンス(※1)

  AMFとAMF-SEC(AMF-SECurity)の連携を可能にするAMFアプリケーションプロキシー機能を追加するライセンスです。各種マネージメント関連アプリケーションと、アライドテレシス社製スイッチ・ルーターを連携させることができ、ネットワークの運用の効率化とセキュリティーの強化を実現します。

 ●SESC基本ライセンス(AMF-SEC)

  ファイアウォールやUTMなどのセキュリティー・アプライアンスや、人材管理・資産管理などのアプリケーションとネットワーク機器を連携させ、ネットワークも含めたITシステムの設定変更やセキュリティー管理を自動化するソリューション「AMF-SEC(AMF-SECurity)」に対応します。

   (※1)AMFアプリケーションプロキシーライセンスは、CentreCOM x950シリーズおよび、CentreCOM x930シリーズのみとなります。SwitchBlade x8100シリーズ、SwitchBlade x908 GEN2はAMFアプリケーションプロキシー機能に標準対応しています。

○新製品

 ※新規ライセンスについてはこちら( https://www.allied-telesis.co.jp/news/wp-content/uploads/2019/10/price_nr191018.pdf )をご覧ください。

 ※SwitchBlade x8100シリーズ(AT-SBx81CFC960)、SwitchBlade x908 GEN2、CentreCOM x950シリーズ用製品にバンドルする一部のAMFマスターライセンスは、AMF導入キャンペーンの対象製品です。詳しくは、こちら( https://www.allied-telesis.co.jp/campaign/amf2/index.html )をご覧ください。