顧客接点業務を変革し、営業活動全般の自動化をサポートするSFA/CRMソリューション「intra-mart DPS for Sales」をリリース

 

 株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人 以下、イントラマート社)は、主に営業担当者などが関わる顧客接点業務(お客様との接点となるサービス・業務)を変革し、営業日報などの活用できていなかった情報から営業活動全般を効率的にサポートする営業支援(SFA)/顧客管理(CRM)ソリューション、「intra-mart DPS for Sales」を2019年10月にリリースします。本ソリューションは、顧客接点領域からバックオフィス業務につながる全ての業務プロセスをデジタル化・自動化し、属人化の解消や業務効率・顧客エンゲージメントを向上させる総合ソリューション「Digital Process Solutions(DPS)」のラインナップの一つです。

 SFA・CRMツールは、数十年前より多くの企業で導入されている一方、顧客ニーズの多様化、日々増大する顧客情報の複雑化等により、管理しきれない、情報を活かしきれず売上に直結する適切な施策を打ち出すまでに至らないといった、様々な課題が浮き彫りになってきています。しかし、顧客接点業務には結果に至るまでの「過程のデータ」があり、それを活用することで「属人性の解消と標準化」を実現することができます。

 今回リリースした「intra-mart DPS for Sales」は、顧客情報を一括管理し、一度の入力で複数システムに連携できるシングルインプットと、PCとモバイルそれぞれに最適化された情報を引き出せるマルチアウトプットを可能にし、手軽さ・使いやすさに拘ったSFA・CRMソリューションです。「直感的な操作性」と「欲しい情報にすぐにたどり着く」を実現することで、利用シーンにあわせて最適な利用が可能です。さらに、柔軟な外部連携機能や業務ノウハウを蓄積するワークブック機能など、従来のSFA・CRMツールにはない豊富な機能を取り揃え、適切な営業活動を支援します。

■「intra-mart DPS for Sales」の図

 ※添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「intra-mart DPS for Sales」の図

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521631_01.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521631_02.pdf