Red HatとNVIDIAが連携し、高性能なソフトウェアデファインドの5G RANを通信事業業界に提供

 

 [ロサンゼルス‐モバイルワールドコングレス‐2019年10月21日(現地時間)発表]アメリカ報道発表資料抄訳

 NVIDIAと世界をリードするオープンソース ソリューションのプロバイダーであるRed Hatは本日、両社の提携を拡大し、Red Hat OpenShiftをベースとした、高性能なソフトウェアデファインドの5G ワイヤレス インフラストラクチャを通信事業業界に提供すると発表しました。

 ロサンゼルスで開催のMWCの基調講演でNVIDIAの創業者/CEOであるジェンスン フアン(Jensen Huang)が発表したこの提携は、通信事業者が、ソフトウェアデファインドの多様なエッジワークロードに対処できる5Gネットワークに移行するのを後押しするものです。まずは5Gの無線アクセスネットワーク(RAN)に重点を置き、通信事業者のエッジでAI対応アプリケーションの利用度向上を目指します。

 Red HatとNVIDIAは、エンタープライズのデータセンターでのKubernetesの導入を加速する( https://blogs.nvidia.com/blog/2019/05/09/red-hat-openshift-gpu-kubernetes/ )という、本年初頭の発表から提携を続けています。今回の提携拡大により、お客様はNVIDIA EGX プラットフォーム( https://www.nvidia.com/en-us/data-center/products/egx-edge-computing/ )とRed Hat OpenShift( https://www.redhat.com/ja/technologies/cloud-computing/openshift )を使って、NVIDIA GPUをより簡単に展開できるようになり、エッジでのAI、データ サイエンスおよび機械学習を加速できるようになります。

 5Gのプロバイダーが特定用途向けのクラウドネイティブのインフラストラクチャに移行するために欠かせない要素となるのが、NVIDIA Aerial( https://blogs.nvidia.com/blog/2019/10/21/aerial-application-framework-5g-networks )です。同じく本日発表された、このソフトウェア開発者キットにより、プロバイダーは、2つの重要な進歩を実装することで、高性能なソフトウェアデファインドの5GワイヤレスRANを構築及び提供できるようになります。この2つの重要な進歩とは、Mellanox ネットワーク インターフェイス カードとGPUメモリを直接結ぶ低遅延のデータパスと、すべてのデータをGPUの高性能メモリ内に保持する5G物理層の信号処理エンジンです。

 フアンは、次のように述べています。「業界は5Gに向かって進んでおり、『smart everything(あらゆるもののスマート化)』の革命が始まりつつあります。そのうちに、数十億ものセンサーとデバイスが世界中に広がり、新しいアプリケーションとサービスが生まれるようになるでしょう。NVIDIAはRed Hatとともに、この新しい5Gの世界のために、クラウドネイティブで、きわめてスケーラブルな、高性能のGPUコンピューティングインフラストラクチャを構築します。スマートフォン革命のときとまったく同じように、NVIDIA EGX エッジ スーパーコンピューティング プラットフォームを活用した、アプリケーションの新しい波が到来することでしょう」

 Red Hat OpenShiftは、エンタープライズグレードで、プロダクションレディのKubernetesを備えており、Aerial 5G RAN、コンテナネットワークおよび他の新しいエッジサービスの管理および自動化を可能にします。これによって、通信事業者は、インフラストラクチャを大規模に展開および管理できるようになります。

 Red HatのCEOであるジム・ホワイトハースト(Jim Whitehurst)氏は、次のように話しています。「次世代のモバイルネットワークは、柔軟性に欠けた、独占的なソリューションによって定義されるのではなく、オープンなクラウドネイティブテクノロジをベースとして構築されるようになるでしょう。オープンで、イノベーティブな通信インフラストラクチャ構築のリーダーである当社は、通信事業者のエッジで標準化されたソフトウェアを走らせることをとても大きな利点としており、動的にスケーラブルなサービスを通じて、多様なワークロードが新たに生み出されるのを後押ししています」

 クラウドネイティブなプラットフォームで5G RANを運用することにより、通信事業者は、ネットワーク投資を最大限に活用でき、AIやAR、VR、ゲーミングといった新しいサービスをマーケットに広く展開できるようになります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522073_01.pdf