メディアシーク、人手不足、外国人対応にフォーカスした無人レジ「かんたん無人レジ」発表!

 

 株式会社メディアシーク(本社:東京都港区、代表:西尾直紀、以下メディアシーク)は、2019年5月にリリースした「QRセルフレジ」を、さらに店舗の人手不足の解消や会計時の外国人対応機能を強化した「かんたん無人レジ」を発表しました。

 「QRセルフレジ」でニーズの多かった「支払い画面の外国語対応」について、日本語以外に英語、韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、タイ語、ベトナム語、フランス語、スペイン語、ロシア語、ドイツ語、アラビア語と、11か国語に対応しました。これでインバウンド需要の多いお店でも安心して「かんたん無人レジ」の導入ができるようになりました。

 さらに、既にPOSを導入しているお店はもちろん、まだPOSを導入していないお店でも「かんたん無人レジ」と提携しているオーダーエントリーシステムを導入することで、リーズナブルにQRコード付き伝票の出力、そしてお客様によるセルフ決済が可能となりました。

■かんたん無人レジ

 https://www.mediaseek.co.jp/selfregi/ 

 *本プレスリリースに記載された会社名および商品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。

 *本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承下さい。