OBCが、経理部門が行う月末の資料作成をわずか1分で完了できる

『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』を10月31日発売

 

 勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田成史/本社:東京都新宿区/以下OBC)は、『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』を10月31日から発売いたします。

 『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』は、経理部門が月末に作成する月末報告書や経営分析資料などの資料作成を大幅に効率化することができます。OBCでは約4万5千社の勘定奉行ユーザーが作成する会計帳票を独自調査し、ほぼすべての帳票をわずか数クリックで画面表示やExcel出力できる環境を提供します。

【3つの特長】

 『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』の3つの主な特長は、以下になります。

 1.月末に作成する経営管理資料を自動作成

  一般的に経理部門が月末に作成する多様な経営管理資料を自動で作成することができます。会計データだけでなく、顧客数や従業員数などの非会計情報、さらに計算式を組み込め、ほぼすべての帳票に柔軟に対応できます。

 *参考資料は添付の関連資料を参照

 2.会計数値を自動更新、分析もよりスムーズに

  帳票の会計数値が帳票に自動更新されるため、情報更新のたびにExcelを加工・修正する作業は一切不要です。また、集計条件の変更や内訳確認も瞬時にできるため、よりスムーズに分析が行えます。

 *参考画像(1)は添付の関連資料を参照

 3.税理士や経営者とリアルタイムで経営数値を共有できる

  経理担当者だけでなく、税理士や経営者などとリアルタイムで共有しながら利用できます。経営指標や財務諸表の分析など、それぞれが自身の視点に合わせて帳票を記憶させることができます。

 *参考画像(2)は添付の関連資料を参照

【価格例(税抜)】

 『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』年間利用料300,000円

 ※勘定奉行クラウドをご利用のお客様のみご購入いただけます。

 ※利用できるユーザーは、勘定奉行クラウドを利用するユーザーのみとなります。

 ▼『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』の詳細はこちら

  https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kanjo/function/original

 ▼『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』の紹介動画はこちら

  https://youtu.be/N1tPdvZR2YE

■OBCの「奉行クラウドフォーラム」全国で開催

 『オリジナル帳票for勘定奉行クラウド』は、2019年11月から全国で開催する「奉行クラウドフォーラム」でご紹介します。ぜひ最寄りの会場にご来場ください。

 *ロゴは添付の関連資料を参照

 ▼東京・大阪・名古屋会場はこちら

  https://www2.obc.co.jp/f2019/

 ▼東京・大阪・名古屋以外の会場はこちら

  https://www.obc.co.jp/caravan-f2019

 ※リリースの記載内容は発表日時点のものです。その後、将来の製品改良等により内容が予告無しに変更される場合ありますのであらかじめご了承ください。

 ※本リリース内掲載の会社名、製品名は各社の商号、登録商標または商標です。

 ※記載の会社名および商品名は、本リリース発表時点のものです。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522233_01.png

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522233_02.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522233_03.png

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522233_04.png