国内初、RPAの開発から運用をトータルでサポートする「FUJITSU BPOサービス RPAマネジメントサービス」を提供開始

 

 株式会社富士通ビー・エス・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 恒雄、以下 富士通BSC)は、様々な企業の業務を効率化するツールであるRPA(注1)の開発から運用を一括して実施するサービス「FUJITSU BPOサービス RPAマネジメントサービス」(以下、RPAマネジメントサービス)を富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁、以下、富士通)のサービスとして11月より提供開始します。

 本サービスは、RPAのグローバル市場で豊富な実績を持つUiPath株式会社(注2)(以下、UiPath)の製品である「UiPathプラットフォーム」をサービス基盤とし、RPAの開発作業だけでなく、開発後の日々のロボット実行、運用監視、トラブル対応に加え、RPA適用業務の追加・変更時に発生するロボット(注3)の作成等の業務を一括して行うサービスです。UiPathでのトータルサービスは国内初となります。

 これにより、企業は新たにRPA製品の購入やRPAの開発、運用人員を追加することなく、業務の効率化を進めることができます。

【背景】

 RPAは、既存システムに改修を加えることなく、これまで手作業で行っていた業務プロセスを自動化でき、人的コストの削減など多くの効果が期待できるため、近年、業種や業務を問わず多くの企業が注目を集めています。一方で、利用部門において導入が容易なため、開発・運用が先行し、IT部門が把握・管理できていないという、いわゆる野良ロボット問題が発生しています。

 こうした状況の中、当社のこれまでのシステム運用・監視の実績やRPA開発の経験、知見を活かし、RPA開発や運用業務を一括して代行することで、野良ロボット化を防ぎ、業務の効率化をサポートします。これにより企業がRPAに関する業務に人的リソースを投入することなく効率化でき、削減できたリソースを戦略的業務へシフトすることが可能となります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522342_01.pdf