OBCが、あらゆる総務人事業務をアシストする『総務人事奉行クラウド』を10月31日に発売。

多岐にわたる業務を担う総務人事部門をクラウドでアシストし、生産性を向上

 

 勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区)は、『奉行クラウド』の新たなラインアップとして、『総務人事奉行クラウド』を10月31日より発売いたします。

 従来の人事業務を担う『人事奉行』からさらに総務業務へと対応の幅を拡げ、あらゆる総務・人事・労務業務をアシストする『総務人事奉行クラウド』へと生まれ変わりました。総務人事部門に数多く存在する“紙やExcelで行っている定型化されていない業務”を、クラウドで定型化することで総務人事業務の生産性を大幅に向上します。今後は、ベストプラクティスとなる「業務シナリオ」のテンプレートをご利用のお客様に継続的に提供し、最大120の「業務シナリオ」によって、業務をカンタンに定型化できるようになる予定です。さらに、APIであらゆるHR Techサービスと連携することで、人材確保や育成強化など、企業の喫緊の経営課題を支援します。『総務人事奉行クラウド』は、これからの日本の総務人事部門を支える業務アシスタントとして成長を続けていくサービスです。

●開発の背景

 労働人口が減少する中、働き方改革によって従業員1人1人の働く時間が減少し、企業の人手不足は深刻な経営課題となっています。そのため、人材確保のための「採用強化」や、人材活用のための「人材配置・育成」への取り組みが企業の急務となっています。しかし一方で、それを行うべき総務人事部門は、改正労働基準法や働き方の多様化に伴って増えた業務の対応に追われてそこまで手が回らない上、総務人事部門に人を増やすのは難しいという現状があります。

<総務人事における企業の経営課題>

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

 この2つの課題への対応は対照的であり、「人材確保・育成強化」については、急成長しているHR Techサービスが多数市場に出てきている一方、「総務人事の業務対応」については、具体的な解決策が出てきていません。

 また、膨大な業務量にもかかわらず、人手不足が進むことにより、将来「1人総務時代」が訪れる可能性も示唆されており、総務人事の課題はますます顕在化していくと考えられます。

 OBCでは、このような企業の経営課題に対応するため、あらゆる総務人事業務をアシストする『総務人事奉行クラウド』を発売します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522343_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522343_02.pdf