凸版印刷とTIS、AI×DMPの活用でデータマーケティングの意思決定を高速化

凸版印刷「スコアリングエンジン KAIDEL(R)」とTIS「TIS Marketing Canvas」を融合させ、マーケティング施策の精度を向上

 

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、凸版印刷が提供している「スコアリングエンジン KAIDEL(R)」と、TISが提供している「TIS Marketing Canvasデータ統合・利活用プラットフォームサービス」を融合させた新サービス(以下 本サービス)を共同で提供します。

 本サービスを活用することで、オフライン・オンラインのデータをDMPで統合・管理し、AIを用いてマーケティング施策の精度を向上させます。

 凸版印刷の「スコアリングエンジン KAIDEL(R)」は、機械学習の技術を用い「プロモーション反応予測」「優良化予測」「離反予測」など、顧客のさまざまな将来の見込み度を自動的に予測するデータ分析サービスで、2017年6月のサービス開始以降多くの企業に採用されています。

 TISの「TIS Marketing Canvas データ統合・利活用プラットフォームサービス」は、構造化・非構造化データに関わらず、あらゆるデータを投入できるデータマネジメントサービスで、プライベートクラウド環境として構築し、シンプルでセキュアなデータ利活用を実現するサービスです。

 この二つを融合した本サービスでは、複数のデータ統合・管理から、データ処理、AIによるスコアリング(予測)まで、データ価値化のプロセスをワンストップで提供。データマーケティングを推進していきたい企業の、継続的かつスピーディなデータ利活用をトータルで支援します。

 凸版印刷とTISの両社は、本サービスを金融業界、流通業界、通販業界、エネルギー業界など向けに共同で展開していきます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

■背景

 昨今、さまざまな企業においてデータマーケティングが積極的に進められています。しかし、データやマーケティング理解の難易度やシステム・インフラの選択肢の多さ、分析や実行のための人材スキル・キャパシティ不足などのため、成果を上げている企業はごく一部であり、「まずは分散するデータを統合したい」「データ活用でビジネス成果を上げられるかどうか検証を行いたい」「これまでのデータ活用のやり方では成果が頭打ち」「AIのモデルがうまく作れない、もっと高頻度に使いこなしたい」といった様々な課題に直面しています。

 このような課題に対して、AIを活用したデータマーケティングや、施策実行・運用で実績のある凸版印刷が提供する「スコアリングエンジン KAIDEL(R)」と、さまざまな企業のデータ課題をシステムで支援してきたTISが提供する「TIS Marketing Canvasデータ統合・利活用プラットフォームサービス」を融合し、企業のデータマーケティング実施に必要な基盤と周辺の支援サービスを提供することで、企業のデータマーケティングの成果を生み出します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522778_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522778_02.pdf