セキュリティ機器運用代行の「マネージド・セキュリティサービス」を強化

〜「McAfee MVISION EDR」に対応し、EDR製品の運用サポート範囲を拡大〜

 

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:土肥 啓介、以下:富士通SSL)は、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 辰夫、以下:マカフィー)のEDR(注1)製品「McAfee MVISION Endpoint Detection and Response(以下:McAfee MVISION EDR)」の取り扱いを開始すると共に、従来から提供しているセキュリティ機器運用代行サービス「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」について、運用サポート対象に「McAfee MVISION EDR」を追加して2019年11月7日から提供します。

 「McAfee MVISION EDR」は、AIを利用してリスクを調査し、高度な脅威を未然に防ぐEDR製品です。セキュリティインシデント発生の検知を行い、インシデントが発生した際には分析・対応を迅速に支援する機能を有します。また、クラウド管理型のため、お客様環境にサーバーを設置することなく手軽に導入いただけます。

 「マネージド・セキュリティサービス」は、2014年11月に提供開始して以来、多種多様なマルチベンダー機器の運用・監視を日本国内をはじめグローバルに展開してきました。今回、新たに「McAfee MVISION EDR」に対応したことで、今まで以上に、幅広いお客様のセキュリティ課題や環境に対応したサービスを提供していきます。

 近年、サイバー攻撃の複雑化・巧妙化に伴い、エンドポイントセキュリティには高度な攻撃を検知し、分析や対応を支援するEDR機能を備えた製品の活用が必要となっています。しかし、常時監視ができる専門性の高いセキュリティ要員の組織内での確保は、人材不足の常態化やコスト面などから困難な場合が多く、これら製品の活用にはプロフェッショナルによる運用監視サービスの利用が適しています。

 富士通SSLは、従来から提供している「マネージド・セキュリティサービス」の運用サポート対象にマカフィーのEDR製品「McAfee MVISION EDR」を加えることで、同製品のセキュリティアラートを24時間365日監視し、検知したインシデントのリスクレベルや対応の必要性を分析して危険度が高い事象が発生した場合のお客様への通知や、重大インシデント発生時の該当端末のネットワーク遮断などを迅速、確実に実施します。

今後も富士通SSLは、マカフィーと連携し、お客様の様々な課題や幅広い環境に柔軟に対応するため、サポート対象製品を「マネージド・セキュリティサービス」に順次追加、拡充することで、より多くのお客様へ安心安全を提供していきます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522906_01.pdf