顧客データのホワイトスペースを分析するサービス

「WS-Analyzer」をAppExchange(R)で提供開始

〜新規顧客の開拓における営業活動をデータ分析で支援〜

 

 TISインテックグループの中央システム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:本間 匡、以下 中央システム)は、株式会社ランドスケイプ(以下 ランドスケイプ)が保有する日本最大級の企業データベース「LBC」(詳細は https://www.landscape.co.jp/service/lbc/ を参照)とSalesforce Platform上でお客様が保有する顧客データを連携し、顧客のホワイトスペースを分析する「WS-Analyzer」を、セールスフォース・ドットコムが提供するビジネスアプリケーションマーケットプレイス「AppExchange(R)」上で提供を開始したことを発表します。

 「WS-Analyzer」は、セールスフォース・ドットコムが提供するBIソフトウェア「Einstein Analytics」を使用しホワイトスペースを可視化します。

 「WS-Analyzer」には、地域軸、業種軸、企業規模(売上高/従業員数)等の分析テンプレートが標準で用意されており、ユーザは簡単なマウス操作だけで複数の切り口でホワイトスペースの分析をすることが可能となります。

 これにより、優先的にアプローチすべき地域や業種等が判明するため、営業戦略に則った「LBC」データの購入が可能となります。

■「WS-Analyzer」を使用したホワイトスペース分析の仕組み

 *添付の関連資料を参照

■「WS-Analyzer」の特徴

 「WS-Analyzer」は、組織単位の月額ライセンス金額でご提供するサービスです。ホワイトスペースを分析するための標準テンプレートは、お客様からのご意見やご要望を基に、継続的に改良していく予定です。

■価格体系

 ・初期導入(環境構築)費用

  Salesforceの1組織あたり100,000円(初回のみ)

 ・ライセンス費用

  Salesforceの1組織あたり月額30,000円

 ※本サービスは、Enterprise Edition以上のSalesforceライセンスと、Einstein Analyticsライセンスをご契約していることが前提です

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

■「WS-Analyzer」を使用したホワイトスペース分析の仕組み

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523046_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523046_02.pdf