米国Sysdig社と「Kubernetes」環境向けセキュリティ・モニタリング プラットフォーム「Sysdig Platform」の国内総販売代理店契約を締結

 

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、Sysdig, Inc.(本社:米国・カリフォルニア州、CEO:Suresh Vasudevan、以下 Sysdig社)とコンテナ管理オープンソースソフトウェア「Kubernetes(クーべネティス)」環境向けセキュリティ・モニタリング プラットフォーム「Sysdig Platform(シスディグ プラットフォーム)」の国内総販売代理店契約を締結し、2019年11月11日から提供を開始します。

1.背景

 デジタルトランスフォーメーション(DX)推進の機運が高まる中、「ニーズの変化に応じてITサービスをいかにスピーディに開発・改善できるか」が、ビジネスで勝ち抜く前提条件になりつつあります。こうした中、迅速な開発・改善に寄与するとして、コンテナ技術が多くの企業に注目されています。特に昨今、コンテナ型仮想化環境を提供する「Docker(ドッカ—)」やコンテナ化されたアプリケーションの開発・運用自動化プラットフォーム「Kubernetes」、レッドハット社が提供する「OpenShift(オープンシフト)」など、Webサービス系企業にとどまらず、一般のエンタープライズ企業でも活用が始まっています。

 一方で、こうした新たな環境におけるモニタリングやセキュリティ管理については、従来型のサーバー単位で監視する仕組みや、IDS/IPS(不正侵入検知/防御システム)といった境界型防御のみでは、内外からのアクセスによるコンテナの不正な振る舞いや改ざんの検知、脆弱性のチェックまで行うのは難しいのが実情です。

 SCSKは、これらの課題に対応する「Sysdig Platform」の取り扱いを開始します。

2.「Sysdig Platform」の概要

 「Sysdig Platform」は、OSのシステムコールを可視化する特許技術をベースに、「Docker」など各コンテナ内部のアプリケーションやミドルウェア、「Kubernetes」のリソース状況および健全性、コンテナ間通信を完全にモニタリングし、視覚化します。

 また、コンテナに潜む脆弱性の発見や、不正アクセスなど異常検知時のコンテナ制御のほか、「Kubernetes」上でのコマンド履歴をすべて記録可能なことから、サイバーセキュリティにおけるフルフォレンジック(※)を実現します。

  ※フォレンジック・・・犯罪捜査や内部統制、情報漏えい対策として利用される技術のこと。

3.「Sysdig Platform」の特長

 充実のモニタリング機能「Sysdig Monitor」とセキュリティ機能「Sysdig Secure」を兼ね備えています。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523057_01.pdf