ドキュサインとメタップスペイメントが不動産賃貸市場向けに電子契約から支払いまでをシームレス化したサービスの提供を開始

 

 ドキュサイン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下ドキュサイン)と株式会社メタップスペイメント(本社:東京都港区)は、電子署名と決済サービスHUBeesの連携ソリューションの提供を開始します。本サービスは、賃貸借契約の更新手続きをデジタル化すると共に、請求から支払いまでを一連のプロセスで完結することを可能とし、より迅速な取引の実現を目指します。

 ※参考資料は添付の関連資料を参照

 不動産管理会社は、賃借人との不動産更新契約をドキュサインの電子署名で締結します。署名完了後、賃借人に対し自動で決済リンク付きのメールが送付されます。その請求に対し、賃借人はパソコンやスマートフォンからお支払い手続きが行えます。このソリューションにより、契約締結完了までの時間を大幅に削減することが可能となりました。

 また、本サービスの国内第一号ユーザーとして、株式会社コスギ不動産(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:小杉周司、 https://www.kosugi-f.com/ )が今夏から先行利用を開始しており、同社の物件を借りる多くのお客様が、賃貸契約の更新から更新事務手数料の支払いまでの手続きをデジタルで行っています。

■ドキュサインの電子署名サービス(DocuSign for eSignature)の特徴

 ・全世界で53万7千社以上が利用(無料版を除く)

 ・全米不動産業協会(National Association of REALTORS(R))の公認電子署名

 ・180カ国以上で数億人が署名

 ・ハイテク企業のグローバルトップ10のうち7社が使用

 ・製薬企業のグローバルトップ20社のうち18社が使用

 ・金融サービス企業のグローバルトップ15社のうち10社が使用

 ドキュサインの電子署名「DocuSign eSignature」はスイート製品「DocuSign Agreement Cloud」に含まれる製品で、同社が2003年に創業、電子署名の提供を開始して以来、世界中の不動産業で幅広く利用されています。ドキュサインの電子署名とHUBeesは専用のコネクターで連携されます。

 ドキュサインのご利用、ご購入、ならびに技術的な質問に関しては、お問い合わせ窓口( https://www.docusign.jp/contact-sales )までご連絡ください。

■DocuSign/ドキュサイン・ジャパン株式会社に関して

 ドキュサイン(DocuSign)は合意・契約をクラウド上で実現するプラットフォーム「DocuSign Agreement Cloud」を提供し、企業や組織の合意・契約・稟議プロセスを自動化します。ドキュサインの電子署名は、世界180か国以上で53万7千社以上が導入し、数億人以上が利用する、世界で一番使われている電子署名です。ドキュサインとDocuSign Agreement Cloudの詳細は、ウェブサイト( https://www.docusign.jp/ )をご覧ください。ドキュサイン・ジャパン株式会社は米DocuSign, Inc.の日本法人です。

 Copyright (C) 2003-2019. DocuSign, Inc.は、DOCUSIGN(R)および同社のその他のすべての商標または登録商標( https://www.docusign.jp/IP )を所有しています。本ウェブサイト上に記載されているその他の商標や登録商標はすべて、各社に帰属します。

■株式会社メタップスペイメントについて

 株式会社メタップスの子会社として、「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」を企業理念に掲げ、カード決済をはじめコンビニ決済、店舗向け端末決済など多種多様な決済手段を提供している決済代行会社です。

<会社概要>

 ・会社名:株式会社メタップスペイメント

 ・代表者:代表取締役社長和田洋一

 ・設立日:1999年3月19日

 ・資本金:11億3,478万円

 ・所在地:東京都港区三田一丁目4番1号住友不動産麻布十番ビル3階

 ・URL:https://www.metaps-payment.com

以上

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523063_01.pdf