BenQ、ビジネス向けAndroid搭載のスマートプロジェクター日本初上陸!

〜ワイヤレスでのプレゼンテーションがより会議の効率をアップ〜

 

1.概要

 ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都港区、以下BenQ)は、ビジネス向けプロジェクターの新製品として、日本初上陸となる、Android搭載のビジネス向けスマートプロジェクター「EH600」「EW600」「EW800ST」を2019年11月22日より新発売します。

 スマートで使い勝手の良い、BenQアプリケーションを備えたビジネス向けスマートプロジェクター「Eシリーズ」が日常の会議を迅速かつスムーズに進めます。昨今、職場では業務に私的デバイスを活用する、BYOD傾向のある環境ではよりスマートでモバイル向けのニーズが高まっています。デバイス・フレンドリーな「Eシリーズ」は職場のチームワークがさらに加速するスマートソリューションとて会議全体の生産性を向上させます。日本初上陸となるAndroid搭載のビジネス向けスマートプロジェクター「Eシリーズ」はワイヤレス投影のほか、ダイレクトUSBリーダーを使用することでPCフリーを実現します。短焦点モデルの「EW800ST」はビジネスだけでなく、様々な管理アプリやデバイスでブレンド型学習を実現できる教育機関向けのプロジェクターとしてもお勧めです。

 ※製品画像・表資料は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523236_01.png

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523236_02.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523236_03.pdf