TIS、AI-OCR活用の前処理を自動化する「帳票振り分けAIサービス」の提供を開始

〜独自アルゴリズムの高精度な帳票振り分けで、デジタルトランスフォーメーションの実現を支援〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、複数帳票フォーマットをAIで自動振り分けする「帳票振り分けAIサービス( https://www.tis.jp/service_solution/papersorter/ )」の提供を開始することを発表します。

 「帳票振り分けAIサービス( https://www.tis.jp/service_solution/papersorter/ )」は、AI-OCRによる読み取りの効果を最大限にする、帳票の振り分けを自動化するサービスです。従来、帳票を識別する際に必要だった認識コードの付与などをすることなく、独自のアルゴリズムにより高精度な帳票振り分けを実現できます。

<「帳票振り分けAIサービス」の全体像>

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 TISは、「帳票振り分けAIサービス」を株式会社Cogent Labsの提供AI-OCRエンジン「Tegaki(※)」やRPAと組み合わせ、金融、保険、不動産、サービス業などの申込書類といった手書き書面を多く取り扱う業界向けに提供していき、デジタルトランスフォーメーションの実現を支援します。

  ※「Tegaki」:手書き文字の高精度での認識を元にデータ入力作業の効率化とコスト削減を実現するAI OCRサービス。詳細は以下URLを参照下さい。 https://www.tegaki.ai/

■背景

 少子高齢化の影響や働き方改革に向けたデジタルトランスフォーメーションが、多くの企業で推進されています。その中でも、注文書、請求書、各種申請書といった紙文書を扱う業務の自動化においては、AI-OCRの活用が注目されています。しかし、AI-OCRの活用には、フォーマットごとに書類を分類し、そのフォーマットに応じた読み取り処理をする必要がありました。フォーマットごとの書類の分類には、人手による帳票振り分けを行うか、フォーマットに印字された認識コードを読み取って振り分けを行う独自開発をしなければならず、この点がAI-OCR活用の拡大の課題となっていました。

 そこで、TISは、フォーマットごとの分類をAIが行う「帳票振り分けAIサービス( https://www.tis.jp/service_solution/papersorter/ )」を提供することでAI-OCR読み取りの前処理を自動化し、業務の省力化・効率化を支援します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523480_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523480_02.pdf