セールスフォース・ドットコムとマイクロソフトが戦略的パートナーシップを拡大し顧客の成功を加速

 Salesforceは、Microsoft AzureをSalesforce Marketing Cloudのパブリッククラウドプロバイダーに指定、顧客のスケーリングと成長を支援

 Microsoft TeamsによるSalesforce SalesとService Cloudsとの新しい連係を通して生産性が向上

 

 2019年11月14日に米国で発表された“Microsoft and Salesforce expand strategic partnership to accelerate customer succes”( https://news.microsoft.com/2019/11/14/microsoft-and-salesforce-expand-strategic-partnership-to-accelerate-customer-success/ )の抄訳です。

 マイクロソフト コーポレーションと米国セールスフォース・ドットコムは本日、進化するビジネスニーズに対応し、生産性を高めるために戦略的パートナーシップを拡大する計画であることを発表しました。セールスフォース・ドットコムは、Microsoft AzureをSalesforce Marketing Cloudのパブリッククラウドプロバイダーとして指定しました。セールスフォース・ドットコムはまた、Salesforce Sales CloudとService CloudをMicrosoft Teamsに連係させる新しいインテグレーションも開発していく予定です。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 セールスフォース・ドットコムの共同CEO マーク・ベニオフとキース・ブロックは以下のようにコメントしています。「セールスフォース・ドットコムは、お客様に信頼と成功をもたらすことに絶えず注力しています。マイクロソフトとのパートナーシップを拡大し、AzureおよびTeamsと最先端のCRMを統合して、すばらしいカスタマーエクスペリエンスを提供できることを嬉しく思います。」

 マイクロソフトのCEO サティア・ナデラは、以下のようにコメントしています。「すべての企業がデジタル企業になりつつある世界では、すべての顧客とパートナーが当社の主要なプラットフォームでエクスペリエンスを構築できるようにしたいと考えています。AzureとMicrosoft TeamsのパワーをSalesforceとひとつにまとめることで、Microsoft Cloudの力を活用して顧客により良いサービスを提供できるようにすることを目指しています。」

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523542_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523542_02.pdf