楽天、「Rakuten EXPRESS」の配送エリアを岡山県に拡大

 

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の配送対象エリアを、岡山県岡山市、倉敷市、都窪郡早島町に拡大したことを本日発表しました(注1)。

 「Rakuten EXPRESS」では、楽天グループで生活用品や日用品を取り扱う「Rakuten24」などの直販店舗、「楽天ブックス」およびファッション通販サイト「Rakuten Fashion(注2)」の商品と、「楽天市場」出店店舗を対象とする物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」で受託する一部の荷物を配送しています。対象エリアは、東京都(注3)、千葉県(注4)、神奈川県(注5)、埼玉県(注6)、茨城県(注7)、愛知県(注8)、大阪府(注9)、京都府(注10)、兵庫県(注11)、宮城県(注12)、福岡県(注13)、北海道(注14)、熊本県(注15)、岡山県(注16)の一部地域で、今後も順次拡大予定です。

 楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、今回の「Rakuten EXPRESS」の配送エリア拡大もその一環となります。

 (注1)これにより、「Rakuten EXPRESS」の配送対象エリアは14都道府県となり、国内人口におけるカバー率は、約38%となります。

 (注2)2019年10月より、「Rakuten BRAND AVENUE」から「Rakuten Fashion」に名称変更しました。

 (注3)東京都23区、府中市、調布市、西東京市、三鷹市、小平市、日野市、武蔵野市、立川市、多摩市、国分寺市、小金井市、稲城市、狛江市、国立市、東村山市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、八王子市、青梅市、昭島市、あきる野市、羽村市、福生市、町田市

 (注4)千葉県市川市、船橋市、浦安市、松戸市、鎌ケ谷市、習志野市、柏市、流山市、野田市、我孫子市、八千代市、千葉市

 (注5)神奈川県横浜市、川崎市、相模原市

 (注6)埼玉県さいたま市、川口市、草加市、戸田市、蕨市、所沢市、新座市、朝霞市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、春日部市、白岡市、北葛飾郡松伏町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町、入間郡三芳町、南埼玉郡宮代町、川越市、狭山市、坂戸市、鶴ヶ島市上尾市、蓮田市、北足立郡伊奈町

 (注7)茨城県守谷市、取手市

 (注8)愛知県名古屋市、一宮市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、岩倉市、清須市、北名古屋市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町

 (注9)大阪府大阪市、堺市、高槻市、枚方市、寝屋川市、交野市、三島郡島本町、豊中市、池田市、吹田市、高石市、和泉市、岸和田市、貝塚市、泉大津市、泉北郡忠岡町、茨木市、摂津市、守口市、門真市

 (注10)京都府京都市、城陽市、京田辺市、八幡市、久世郡久御山町、乙訓郡大山崎町、宇治市、向日市

 (注11)兵庫県尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市

 (注12)宮城県仙台市、名取市、多賀城市

 (注13)福岡県福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川市、糟屋郡宇美町、篠栗町、志免町、須惠町、粕屋町

 (注14)北海道札幌市、苫小牧市、千歳市、恵庭市、北広島市、小樽市、江別市、石狩市

 (注15)熊本県熊本市、合志市、菊池郡菊陽町

 (注16)岡山県岡山市、倉敷市、都窪郡早島町

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523613_01.pdf