LINE、運用型広告においてセルフサーブ機能の提供を開始

中小企業・店舗での広告運用のサポートを強化

アカウント開設・配信・決済までをオンラインで完結、誰でも簡単に広告配信が可能に

LINEが保有するデータを利用した細かなターゲティングにも対応

 

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、11月18日よりセルフサーブ機能の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

 「LINE Ads Platform」では、「LINE」および「LINE」関連サービスを対象として、2016年から「LINE」のタイムラインや「LINE NEWS」に加え、「LINE BLOG」「LINEマンガ」「LINEポイント」「LINEショッピング」、トークリスト最上部の「スマートチャンネル」上で広告配信を行っています。運用開始以降、8,000(*1)を超えるサービス・ブランドに利用されています。

 *1 2019年5月末時点

 またLINEでは2018年以降、SMB領域への注力を事業戦略のひとつに掲げ、中小企業・店舗のビジネス課題を解決するための様々なサービス・機能の拡充を進めています。

 参照リリース: https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2903

■中小企業・店舗でも、8,200万人が利用する「LINE」上で手軽にターゲティング広告の配信が可能に

 「LINE Ads Platform」は、月間利用者数8,200万人(*2)の「LINE」アプリ内の様々な配信面を通じた大規模リーチと、LINEが持つユーザーデータを活用した高精度なターゲティング配信が可能な広告配信プラットフォームとして多くのサービス・ブランドからの出稿数を伸ばしています。

 一方、これまで「LINE Ads Platform」で広告配信を行うためには、代理店を介して広告配信のためのアカウント開設や複雑な各種手続きを行う必要があり、広告運用に慣れていない中小企業や店舗での利用におけるハードルとなっていました。

 このたびLINEは、中小企業・店舗での広告運用のサポートを強化するため、誰でも簡単に広告配信が可能なセルフサーブ機能の提供を開始いたしました。複雑な手続きを行うことなくオンライン上でアカウント開設からお支払いまでワンストップで行えるため、誰でも気軽に広告運用を始めることができます。また、本機能では「LINE Ads Platform」で提供している主な配信機能が利用できます。LINEユーザーの年齢・性別・地域・興味関心などのみなし属性(*3)やWebサイト上の閲覧履歴などを自由に組み合わせて配信設定を行い、よりアクション確度の高いユーザーに広告を配信することができます。

 セルフサーブ機能を活用することで、各企業や店舗の担当者が必要なタイミングで決めた予算で広告配信ができるようになり、ブランド・商品認知や自社サイトへの集客、キャンペーン訴求といった多様なニーズに応じた広告運用を実現することができます。

 *2 2019年9月時点

 *3 ユーザーが「LINE」上で購入・使用したスタンプや興味のあるコンテンツのほか、どのようなLINE公式アカントと友だちになっているかといった傾向をもとに分析(電話番号、メールアドレス、アドレス帳、トーク内容等の機微情報は含みません)したもの。属性情報の推定は統計的に実施され、特定の個人の識別は行っておりません。また、特定の個人を識別可能な情報の第三者(広告主等)の提供は実施いたしておりません。

■「LINE Ads Platform」セルフサーブ機能について: https://www.linebiz.com/lp/self-serve/

 LINEでは、今後も様々なメニュー提供やプラットフォームの改善を継続的に実現することで、中小企業・店舗におけるビジネス課題の解決を支援いたします。