TIS、トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」の構築を支援

〜多様な決済サービスをまとめるPAYCIERGEの「デジタルウォレットサービス」を提供〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野徹、以下:TIS)は、トヨタ自動車株式会社、トヨタファイナンシャルサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社の3社(以下:トヨタ)が11月19日より提供を開始した電子マネー決済、QRコード/バーコード決済といった複数の支払い手段を搭載するスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」の構築を支援したことを発表します。

 トヨタでは、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet 残高」、クレジット型サービス「TOYOTATS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行 Pay」という3つの支払い手段を搭載する決済アプリとして「TOYOTA Wallet」を開発し、iOS向けアプリから提供を開始し、来春にはAndroid向けアプリの提供を予定しています。

 TISは、今回の「TOYOTA Wallet」開発プロジェクトにおいて、様々な決済手段と店舗・EC・アプリなどの多様なインターフェイスをひとつのアプリに統合するPAYCIERGEの「デジタルウォレットサービス」を提供しました。

<TOYOTA Walletに搭載される3つの支払い手段>

 *添付の関連資料を参照

 ※上記の記載ならびに表は、11月19日トヨタ自動車株式会社、トヨタファイナンスサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社発表(電子マネー、クレジット、デビットもこれひとつ!トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」誕生」)より引用

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<TOYOTA Walletに搭載される3つの支払い手段>

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523730_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523730_02.pdf