【抄訳】セールスフォース・ドットコムとAWS、グローバル戦略的パートナーシップを拡大

 Amazon ConnectをSalesforce Service Cloud Voiceの一部として統合し優れたカスタマーサービスを提供

 AWSに関する学習コンテンツがTrailheadで提供され、誰もが将来に向けたスキルアップが可能に

 

 【2019年11月19日、サンフランシスコ】Amazon.com Inc(NASDAQ:AMZN)の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(以下、AWS)と米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は本日、グローバル戦略的パートナーシップの拡大を発表するとともに、Amazon Connectをシームレスに統合する新しいサービスである「Service Cloud Voice」を発表しました。これは、コンタクトセンターのエージェント業務をより効果的にするツールセットとなり、カスタマーサービスの強化を可能とします。セールスフォース・ドットコムはすでに主要なパブリッククラウドプロバイダーとしてAWSに依拠していますが、この度のパートナーシップ拡大において、セールスフォース・ドットコムはコンタクトセンター向けの推奨テクノロジーとしてAmazon Connectを選択しました。Service Cloud Voiceの機能の一環として、セールスフォース・ドットコムは、優れた顧客サービスを低コストで簡単に提供するためのシンプルで使いやすいAWSのクラウドベースのコンタクトセンターサービスであるAmazon Connectを提供することになります。さらに、セールスフォース・ドットコムとAWSは、セールスフォース・ドットコムの無料オンライン学習プラットフォームであるTrailhead上でAWSに関するコンテンツを利用できるようにすることで、誰もがクラウドに習熟するためのトレーニングを受けることが可能になります。最後に、セールスフォース・ドットコムは宣言型プラットフォームツールであるEinstein Voice Skillsを、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」をはじめ多様な音声アシスタントやデバイスと互換性を持たせる方法を模索しています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523821_01.pdf