国内初、パブリッククラウドでのフルバンキングシステム

2021年稼働に向けて、プロジェクトを開始

〜北國銀行が、オープン勘定系システム「BankVision(R)」の基盤にAzureの採用を決定〜

 

 株式会社北國銀行(本店:石川県金沢市、頭取:安宅建樹 以下北國銀行)は、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡昭良 以下日本ユニシス)のオープン勘定系システム「BankVision」の稼働基盤として、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田仁志 以下日本マイクロソフト)のパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureの採用を決定しました。フルバンキングシステムのパブリッククラウド環境での実装は国内初の事例となります。

 北國銀行、日本ユニシス、日本マイクロソフトの3社は、2021年の「BankVision on Azure」稼働に向けて、導入プロジェクトを正式に開始します。

【背景】

 北國銀行は、「次世代版 地域商業銀行」を中長期的に目指す姿として位置づけています。お客さま目線を深化させ、行内および地域とのコミュニケーション・コラボレーションを深め、地域全体のイノベーションへの貢献を目指し、さまざまな施策に取り組んでいます。

 クラウドサービスが急速に市場に浸透する中、北國銀行はさらなる経営の効率化や自行での開発スキル向上、フレキシブルな環境変更、データ活用基盤などの実現のため、自行システムの全面クラウド化(パブリッククラウド化)の方針を決定し、周辺システムのパブリッククラウド化(Azureへの移行)から順次開始しました。クラウド化を進めていく中で、自らのデジタル化を推進しつつ、地域でのコンサルティング機能の発揮をはじめとする、新たなビジネス領域への拡大を推進しています。

 日本ユニシスは、2007年5月に世界初のWindows Server、SQL Serverを基盤としたオープン勘定系システムBankVisionを稼働開始し、以来、同システムを導入した地方銀行10行の経営戦略のスピーディな実行、店舗・チャネル戦略や事務集中化へのフレキシブルな対応、TCO削減などに大きく寄与してきました。北國銀行に対しては、2015年1月のBankVisionの稼働をはじめ、北國銀行のパートナーとして、銀行事務の効率化とともに営業店窓口での顧客接点強化に向けた活動や、コンサルティング部門とタイアップし、石川県の伝統工芸で知られる山中漆器をはじめ、地域のデジタル化に向けた活動を行っています。

 日本マイクロソフトは、パブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureを基盤に、金融機関におけるデジタルトランスフォーメーションの推進に取り組んでおり、個人情報の取り扱いやセキュリティ、信頼性の観点で評価され、採用が進んでいます。

 日本ユニシスと日本マイクロソフトは、2016年度から共同でMicrosoft Azure上でのBankVisionの検証を実施し、2018年3月より、Azureの採用に向けた共同プロジェクトを行ってきました。マイクロソフト米国本社のエンジニアリング部門と連携した技術面・サービス面・サポート面の検討や、ビジネス面における協議を行った結果、この度、自行システムの全面クラウド化を目指す北國銀行での採用に至りました。Azureが、金融業界で重視すべき、コンプライアンスに対する取り組みが優れていることも、採用理由となっています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523839_01.pdf