AIを活用した工事検査の効率化及び品質向上

〜AIを活用した鉄筋継手の検査業務効率化をめざし、現場トライアルを開始〜

 

 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:栗島 聡、以下NTT コムウェア)は、清水建設株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上 和幸、以下 清水建設)と共同で、画像認識AI「Deeptector(R)」を用いて、ガス圧接継手(※1)に関する検査業務の効率化及び品質向上をめざし、施工現場での実証実験を開始いたします。

 ※1)鉄筋の接合端面を突き合せて、圧力を加えながら加熱し、接合端面を溶かすことなく赤熱状態でふくらみを作り接合する工法

【背景】

 建設業界においては、熟練の技能労働者の高齢化に伴う大量離職が懸念される中、建築工事現場の生産性向上・若手技能者の育成が喫緊の課題になっています。

 その中でも、施工品質を担保する工事検査業務においては、目視による人手を介した作業が多くを占め、検査項目は膨大に及ぶことから、検査業務の自動化・省力化を図るとともに、熟練者の保有しているノウハウを吸収した工事監理者を早期に育成することで、現場の施工品質を維持する仕組みづくりが求められております。

 これまで、清水建設とNTTコムウェアは、協業により、画像認識AI「Deeptector(R)」に新たにセグメンテーション技術を活用することで工事検査業務の効率化をめざし、まずはガス圧接継手の外観検査をターゲットに、自動判定の実現性を検討してきました。

 従来、背景や照明の異なる工事現場のような環境で撮影された画像のAI判定は、精度向上が難しいという課題がありましたが、新たにセグメンテーション技術を活用することで、現場のサンプル画像によるAI学習において、高精度の認識率が確認できたことから、本格利用をめざし、この度「鉄筋継手AI検査」を用いた現場での実証実験を開始することにいたしました。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523850_01.pdf