東近江市において、XR技術を活用した観光ツアーを実施

XR(AR/VR)技術を活用して「鉄道むすめ」が名所のガイドを行う新たな観光ツアーを実施

 

 滋賀県東近江市(市長:小椋 正清、以下 東近江市)、一般社団法人東近江市観光協会(会長:喜多 良道、以下 東近江市観光協会)、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下凸版印刷)、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)、バリューオン株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:筒井 正英、以下バリューオン)は、東近江市が進めている「戦国・琵琶湖体験体感ツーリズム事業」(※1)において、XR(AR/VR)技術を活用した観光モニターツアー(以下 本ツアー)を2019年11月30日から実施します。

 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている五個荘金堂(ごかしょうこんどう)地区の近江商人屋敷「外村繁邸」において、現実の空間にXR技術を用いて近江鉄道の人気キャラクターである「鉄道むすめ 豊郷あかね」を登場させて、来訪した観光客に対し会話や身振りを使って観光案内をします。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523916_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523916_02.pdf