11月22日は「ペットたちに感謝する日」

2020年トレンド予測「ペットと一緒な旅」についての調査結果を発表!

〜日本人の飼い主の約3割がペット同伴で宿泊先を選ぶと回答〜

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 【2019年11月22日:日本発表】

 数々のユニークな宿泊施設と人々を繋げる世界最大級の宿泊予約サイトBooking.com の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、11月22日「ペットたちに感謝する日」の本日、2020年の旅行のトレンド予測( https://travelpredictions2020.com/japan/ )に基づいた、ペットと一緒の旅行に関する調査結果を発表します。

 ブッキング・ドットコムの最近の調査によると、世界的に見てペットの飼い主の72%(日本:67%)がペットを家族の一員として見ており、51%(日本:38%)は「ペットを旅先に連れて行けるなら旅行をより満喫できる」と回答しました。この結果から、2020年には世界中のペットの飼い主がペットを旅の優先事項として意識し、大切な家族の一員として共に旅を楽しんでいくことになることが予想されます。また、ペットの飼い主の42%(日本:31%)は、「2020年はペットを連れていけるかどうかで旅行先を選ぶだろう」と答えました。

 ※グラフ資料は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523927_01.JPG

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523927_02.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523927_03.pdf