生産性を向上し、働き方改革を加速させる

「ProActive AI-OCR ソリューション」を提供開始

 

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員 最高執行責任者:谷原 徹、以下 SCSK)は、自社開発のERP「ProActive」とAI-OCRを組み合わせた、「ProActive AI-OCR ソリューション」を2019年12月2日から提供開始します。「ProActive AI-OCR ソリューション」の利用により、日々の経費精算における入力・確認業務の生産性を向上することで、従業員の働き方改革を実現します。

1.背景

 働き方改革関連法の施行により、長時間労働の是正や、テレワークなどを活用した多様な働き方が求められていますが、これらを実現するには、業務の効率化に伴う生産性向上が必要不可欠です。経費精算や請求・支払業務による証憑(領収書、請求書)と入力結果の整合性チェックなど、書類を取り扱う業務においては、正確性を高めるため、人手と時間をかける必要があります。

 このような課題の解決に向けて、SCSKでは、AI-OCRを活用することで当該業務における入力・確認作業の負担軽減と生産性向上を目指し、ERP「ProActive」にAI-OCRを組み合わせた「ProActive AI-OCR ソリューション」を提供開始します。

2.ソリューション概要

 ディープラーニング(深層学習)技術を用いたAI-OCRにより、画像から文字入力の自動化を実現します。一般的に紙で発行される領収書、請求書などの証憑は、会計システムや経費精算システムへ転記入力されますが、非常に手間の掛かる作業となっていました。「ProActive AI-OCR ソリューション」は、スキャナーや複合機でスキャンしたレシートや、カメラなどで撮影した領収書の画像をテキストに自動変換し、ERP「ProActive」に連携するソリューションです。

 ディープラーニングによる、AI-OCRで高精度に読み取ったレシートなどの日付や、合計金額、電話番号、支払先といった必要な情報をテキストへ変換することでシステム連携を実現し、経費精算や会計業務において、精算情報の入力やパンチャー業務負荷の大幅な低減に貢献します。「ProActive AI-OCR ソリューション」の利用開始にあたっては、事前にテンプレートなどの作成作業が必要なく、また、AIの学習によって読み取り精度が継続的に向上していきます。

3.AI領収書読み取りソリューション機能について(経費精算業務)

 「ProActive AI-OCR ソリューション」のメニューの一つにAI領収書読み取りソリューションがあり、「経費システムへの自動転記」「AI信頼度判定機能」「スマートフォン活用」といった3つの機能を提供します。これにより、入力者による経費精算申請入力や経理部門における証憑チェック業務の負荷を軽減し、働き方改革の推進を支援します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524461_01.pdf