TIS、位置情報データ活用プラットフォーム提供のクロスロケーションズ社とデータ利活用領域で資本業務提携

〜位置情報による行動データとデータマネジメントを組合せた

顧客データ付加価値向上サービスを提供〜

 

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野徹、以下:TIS)は、独自のAI分析エンジンによる位置情報データ活用プラットフォームを提供するクロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介、以下:クロスロケーションズ社)とデータ利活用領域のビジネス拡大に向けて資本業務提携したことを発表します。

 両社は、クロスロケーションズ社の位置情報による行動データとTISのデータマネジメントプラットフォームサービスであるTIS Marketing Canvasの「データ統合・利活用プラットフォームサービス」を組合せ、マーケティング施策の高度化を推進する新サービスを提供します。

 新サービスでは、個人を特定せずに企業が保有するデータ分析だけでは分かり得ない顧客特性の類推が可能となり、より効果的なプロモーション・レコメンデーションを実現します。

 両社では、ECサイトと実店舗を運営する企業やオムニチャネルマーケティングや顧客エンゲージメントの高度化を指向している企業などをターゲットに共同でサービスを提供していきます。

<両社による顧客データ付加価値向上サービスイメージ>

 ※添付の関連資料を参照

 クロスロケーションズ社は、国内最大級の位置情報データを保有し、これらのデータを位置情報データ活用プラットフォーム「Location AI Platform(TM)」による独自のAI技術で分析・解析を行い、行動パターンデータとして蓄積しています。これにより、特定地点を基点に人々の行動パターンの分析が可能となり、実世界における人々の行動傾向の検証や行動予測を行うことができます。

 TISでは、これまで大規模ECサイトの構築、顧客データ統合、マーケティング・オートメーションの導入やマーケティング施策実行支援など、デジタルマーケティングをシステムの構築から運用まで支援してきました。しかし、各企業が単独で保有するデータだけではより深い顧客理解に繋がらないという課題がありました。

 そこで、クロスロケーションズ社の持つオフライン領域での人の行動パターンデータを付加することで、より深い顧客分析が可能になると考え今回の資本業務提携に至りました。

 両社では、まず「データ統合・利活用プラットフォームサービス」と「Location AI Platform」を組み合わせ、上記課題の解決が可能なビジネスの展開を進めます。また、将来的にはECサイト以外に、他の業務領域への協業サービスの強化・展開を推進していく予定です。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<両社による顧客データ付加価値向上サービスイメージ>

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524492_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524492_02.pdf