企業の調査部門やIR部門、営業における企業調査の時間短縮や効率化に貢献

〜NTTデータのクローリングサービス「iCrawler(R)」をリアルタイム情報サービス「MINKABU Corporate-Cue」に機能追加〜

 

 株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「ミンカブ」、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲)と株式会社NTTデータ(以下「NTTデータ」、本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋)は、ミンカブリアルタイム情報サービス「MINKABU Corporate-Cue(読み:ミンカブ コーポレートキュー)」(注1)にNTTデータのクローリング(注2)サービス「iCrawler(R)」(読み:アイクローラー)機能を追加した「Corporate-Cue with iCrawler」(読み:コーポレートキューウィズアイクローラー)のサービス提供を2019年12月2日より開始しました。当該サービスの両社の業務分担は、ミンカブがサービス提供を受け持ち、NTTデータが「iCrawler」の技術提供・支援および、販売代理店の役割を担います。

 「iCrawler」は、企業webサイトに掲載されている各種情報やweb上のニュースを取得可能なNTTデータ独自のクローリング技術です。このたび、この技術をミンカブが提供する上場企業情報の取得・分析・可視化するリアルタイム情報サービス「MINKABU Corporate-Cue」に機能追加しました。これにより、企業情報や関連ニュースなどを取得することに加え、分類や件数のグラフ化を行えるなど、従来以上に活用価値が高い企業情報を提供することが可能となります。「Corporate-Cue with iCrawler」は調査部門やIR部門、営業といった企業調査を必要とする部門においてこれまでの「作業」の時間を短縮し、より生産性の高い「考える」時間へシフトできるようサポートします。

■背景

 ミンカブが提供する「MINKABU Corporate-Cue」では、最新の企業株式関連情報や決算関連情報、外部視点としてアナリスト評価やSNSモニタリングなど、ミンカブが収集した信頼性の高い企業情報を提供しています。膨大なデータの分析・レポーティングの作業までも“簡単かつスピーディー”に行うことができるため、調査部門、IR部門、広報宣伝部門、経営企画部門、法人営業部門など幅広くご利用いただけます。従来の「MINKABU Corporate-Cue」は情報源がTDNET、EDINET、MINKABU独自情報(外部情報を一部含む)などのため、「情報の鮮度」と「情報のバリュエーション」の観点から、いっそうの拡充に向けた検討を行っていました。

 そこで、企業webサイトに掲載されている各種情報やweb上のニュースを取得可能なNTTデータ独自のクローリング技術である「iCrawler」機能を「MINKABU Corporate-Cue」に追加した「Corporate-Cue with iCrawler」を上位版サービスとして提供を開始することとなりました。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524496_01.pdf