AWS Outpostで企業のデータセンターにGPUを配備

ハイブリッドAWSクラウドで、AI、IoTおよびグラフィックス向けにNVIDIA T4 GPUを活用

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 NVIDIA T4 Tensor コア GPU( https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/tesla-t4/ )に対応したAWS Outposts( https://aws.amazon.com/outposts/ )の一般利用が本日より可能になります。これにより、自社のデータセンター内にクラウドベースのAmazon EC2 G4 インスタンス( https://aws.amazon.com/ec2/instance-types/g4/ )を展開し、AIおよびグラフィックス向けの多様なアプリケーションにて、セキュリティおよび遅延についてのユーザー要件を満たすことができます。

 この新しい機能により、AIはもはや研究プロジェクトではなくなります。

 多くの企業は、今でも自社内にデータを保管しています。データが自社のコアの知的財産だと考えているからです。しかし、ディープラーニングを研究から運用に移行するためには、企業はデータだけでなく、クラウドが提供する柔軟性と開発のしやすさが必要になります。これを自社でできるようになるという点が、T4 GPUに対応したAWS Outpostsの大きな特長です。

 この新しい機能により、企業は自社のデータセンターで安全に保管されている大規模なデータ レイクに、フルマネージドで、ラックスケールのアプライアンスを組み合わせられるようになります。

■企業全体でAIの高速化

 ニューラル ネットワークをトレーニングするには、NVIDIAドライバから、コンテナ ランタイム、アプリケーション フレームワークに至る、ソフトウェアのあらゆるレイヤを最適化しなければなりません。SagemakerやElastic MapReduce、ならびにカスタムビルドのAmazon Machine Imagesで設計された他のたくさんのAWSのサービスでは、大規模なデータセットでトレーニングを始めるために、モデル開発が必要になります。NVIDIAのテクノロジを活用したAWS Outpostsの導入により、これらのサービスを企業のデータセンターで安全に実行できるようになります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524645_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524645_02.pdf