iPad第7世代をノートPCのように使えるキーボード一体型ケース

落下に強くアウトドアにも適した「RUGGED FOLIO」

スリムで軽量の「SLIM FOLIO」発売

 

 革新的なビジネスツールを世界に提供するLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社東京都港区、代表取締役社長 笠原 健司)は、iPad第7世代用キーボード一体型ケース「ロジクール RUGGEDFOLIO iK1054BKA」を2019年12月20日(金)、「ロジクール SLIM FOLIO iK1055BK」を2020年1月24日(金)より全国の家電量販店、オンラインストアで発売いたします。

 参考価格は「RUGGED FOLIO」は18,480円、「SLIM FOLIO」は14,080円(いずれも税込)です。

 iPadOSを搭載したiPad第7世代は、パソコンのような機能が強化され、マウスが使えるようになりました。

 キーボード一体型ケースを用いれば、iPadを保護しながらノートPCのように扱えて便利です。

 「RUGGED FOLIO」は防水 防塵に加え、不意の落下からiPadを保護する堅牢さを兼ね備えており、アウトドアでの使用にも適しています。従来から人気の「SLIM FOLIO」はスリムで軽量なデザインはそのままに、iPad第7世代に対応したモデルが登場しました。

 ※製品画像は添付の関連資料を参照

<製品特長 共通>

■iPadをノートPC化するケース

 iPad用カバーとキーボードが一体となったケースで、スタンドを立てれば、すぐにタイピングできます。キーボードはフルサイズで、キーピッチ(隣り合う2つのキーの中心を結ぶ長さ)は「RUGGED FOLIO」は18ミリ、「SLIM FOLIO」は17ミリと余裕があります。ノートPCと同じような感覚で快適に入力できます。

■iOSショートカットキー搭載

 キーボードはUS配列で、上部にはiOSショートカットキーが並んでいます。キーを押すだけで画面の明るさや音量の調節、検索ツールの起動などができます。

■使いやすい角度で使用できる

 スタンドの角度を調整して、画面を見やすくすることができます。机の上でスケッチしたり、スタンドを折りたたんで片手で読書したりすることも可能です。

■デジタルペンシル用ホルダー付き

 Apple Pencil第1世代やロジクールCrayonの持ち歩きに便利なホルダーが付いています。スケッチや手書きを終えたらすぐに収納できるので、紛失を防げます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524748_01.jpg

製品画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524748_02.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524748_03.pdf