産業用ギガビット・インテリジェントPoE+スイッチ「AT-IE340-20GP」「AT-IE340L-18GP」をリリース

 

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、産業用ギガビット・インテリジェントPoE+スイッチ「AT-IE340-20GP」「AT-IE340L-18GP」、ならびにオプション製品の出荷を12月9日より開始します。

 AT-IE340-20GP、AT-IE340L-18GPは10/100/1000BASE-Tポートを16ポートとSFPスロットを搭載し、産業用ネットワークに要求される機能・性能を備えた、産業用ギガビット・インテリジェントPoE+スイッチです。

 1ポートあたり30W、装置全体で240WまでのPoE+電力供給に対応するため、工場やビルなどの厳しい環境でのご利用はもちろん、様々なIoTデバイスを集約するのに最適です。例えば、センサーやリレーのフィールド系リアルタイム通信とネットワークカメラなどの高速信号を統合することで、現場の限られた資源を有効活用するとともに、保守にかかるコストを低減することができます。

 また、DINレールマウント対応、ファンレス筐体、前面に集約したポート・LEDなど、実運用を考慮したハードウェアデザインにより、産業用ネットワークの広範なニーズに対応します。

 さらに、AT-IE340-20GPは、最大75℃の動作温度への対応と拡張されたハードウェア機能により、よりシビアな環境に導入可能です。

■主な特長

・AMF

 AMF(Autonomous Management Framework)はネットワーク上のアライドテレシス製スイッチやルーターを仮想的な1台の機器として統合管理し、管理運用の「一元化」、「簡素化」、「自律化」により、管理運用の工数・コスト削減を実現します。AT-IE340-20GPとAT-IE340L-18GPはAMFメンバー装置に対応し、ループガードや多彩な認証機能などエッジ・スイッチに求められる機能を備えながら、AMFマスター装置との組み合わせにより、ネットワークの仮想化および統合管理を産業用ネットワークにも提供します。

・対応温度最大75℃/ファンレス設計(※1)

 AT-IE340-20GPは最大-40〜75℃、AT-IE340L-18GPは最大-40〜65℃での動作温度に対応し高負荷環境への設置が可能です。ファンレス設計で、粉塵の吸い込みなどによる障害への不安もありません。また、保護等級IP30にも対応しています。

 ※1 SFPモジュールなどの使用条件によって動作保証温度が異なります。

・DC電源での使用に対応

 2系統の電源入力を搭載し、AT-IE340-20GPはDC18〜57Vまで、AT-IE340L-18GPはDC46〜57Vまでの入力電圧に対応します。高可用性が要求される産業用ネットワークに最適な機能性を持ちます。

・PoE+(IEEE 802.3at)をサポート

 大容量給電が可能なPoE+(IEEE 802.3at)に対応しています。装置全体として240Wまで給電可能なため、PoE+対応無線LANアクセスポイントやネットワークカメラなどの様々なPoE+受電機器が接続可能です。さらにPoE給電を停止せず、機器の再起動を可能とするNon-stop PoE機能に対応するため、受電機器の可用性を飛躍的に向上させます。

■新製品

 ・リリース予定日:12月9日

 *表資料は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524862_01.pdf