無線LANに対応したネットワーク型時計「NTPクロック」販売開始

−配線なしで施設内の時計がシステム時刻と同期。一元管理も可能−

 

 *製品画像は添付の関連資料を参照

 セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、本年6月に発表したネットワーク型時計「NTPクロック」無線LANモデル( https://www.seiko-sol.co.jp/products/ntp_clock/ )を2019年12月より販売開始します。

 「NTPクロック」は、ネットワークにつながっているパソコンや各種システムと同様に、NTPサーバーから配信される時刻で補正するネットワーク型時計です。今回販売を開始する無線LAN環境での時刻補正に対応したモデルは、約5年(※1)の電池寿命を確保しており、配線工事が不要かつ後付けが可能なため、一般の時計と同様の手軽さで設置が可能です。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 今回提供を開始するのは「NCA-3002」および「NCA-4002」のアナログ時計2機種です。IDやパスワードの設定による無線LANの認証に対応し、製品には5年間の無償保証を含みます。

 セイコーソリューションズは、今後も、既存LAN環境を利用できる電池交換不要なPoEモデルと今回発表した無線LANモデルを含むNTPクロックのラインアップ拡充を図ります。また、弊社NTPサーバー「Time Serverシリーズ」ならびにNTPクロックを一元的に設定・管理する「NTPクロック監視ソフトウエア」(オプション)と組み合わせた「NTPマスタークロックシステム」で、いつでもどこでも正確な時刻を提供していきます。

■NTPクロック 無線LANモデルの主な仕様

 *添付の関連資料を参照

 ・NTPクロック製品情報: https://www.seiko-sol.co.jp/products/ntp_clock/

 ※1:20℃環境下にて、無線LAN電波環境がよく、2日に1回時刻受信する場合

 ※本文中に記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525043_01.jpg

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525043_02.png

NTPクロック 無線LANモデルの主な仕様

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525043_04.png