北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証を開始

札幌駅、新千歳空港、後志地方の小樽市などの3エリアにWi-Fiパケットセンサーを設置

 

 当社は、小樽観光協会(会長:西條文雪)をはじめ北海道内の複数の観光協会や企業と共同で、北海道後志地方の小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村、および札幌駅周辺、新千歳空港内の3市6町村において、当社製Wi-Fiパケットセンサーを活用し観光客など人の流れを可視化・分析する実証実験を12月10日より開始します。

 本実証では、北海道後志地方、札幌駅周辺、新千歳空港内の各エリアに設置した計40台のWi-Fiパケットセンサーで、訪れた観光客などが所有するスマートフォン(Wi-Fi機能オンの状態)の固有IDを、データを匿名化した上で収集するとともに、収集データをグラフなどで可視化し分析します。

 小樽観光協会などの実証協力団体および企業は、本収集データをもとに、観光客などの人の数や流れ、混雑状況や移動ルートなどを分析することで、今後の観光施策や各種事業の効果検証などに活用していく予定です。

 北海道後志地方は、札幌駅や新千歳空港からのアクセスが良く、人気の観光地が複数あるため、観光客数が年々増加しており、後志地方の小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村における2018年度の観光客数は合計約1,383万人(「平成30年度北海道観光入込客数調査報告書」より)に上ります。一方で、各地点の観光客の移動ルートや滞在時間などを詳細に把握し、多様化する観光客のニーズや嗜好を踏まえた、より効果的な観光施策や事業立案、またそれらの効果検証が課題になっています。

 当社は、これらの課題を解決するため、小樽観光協会をはじめとした複数の北海道内の観光協会や企業と共同で、3市6町村における観光客などの人の流れを可視化し分析する実証実験を行います。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525044_01.pdf