ユーシーカードと日立、生体情報の暗号化技術「PBI」を活用した安全なキャッシュレス決済の実証実験を実施

複数の店舗にまたがる、指静脈認証決済の有用性や利便性を検証

 

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 みずほフィナンシャルグループの一員であるユーシーカード株式会社(代表取締役社長:北嶋 信顕/以下、ユーシーカード)と株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、生体情報を暗号化して登録・照合する「公開型生体認証基盤(PBI(*1))」を活用した、指静脈認証による、安全な手ぶらでのキャッシュレス決済の実証実験を2019年12月12日から順次開始し、2020年3月末まで実施します。

 本実証実験では、ユーシーカードおよび日立の社員、数百名を対象に、クレジットカード番号と指静脈情報を紐付けるユーザー登録をしたのち、ユーシーカード加盟店である飲食店など複数店舗において、指静脈認証のみで決済を行います。複数の店舗における、クレジットカード番号に紐付けた指静脈認証決済は、国内初の取り組みとなります。

 ユーザー登録は、ユーシーカードが発行するカードのみならず、世界中で発行されているVisaまたはMastercardのロゴ付きのカードであれば対応可能です。本格展開の際には、会員制ホテル・リゾート、アミューズメント施設やフィットネスジム、年々増加する訪日外国人旅行客が利用する施設などを対象に、手ぶらでのキャッシュレス決済サービスの普及をめざします。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525058_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525058_03.pdf