離れて暮らす家族に安心をお届けする「みまもりサービス」を提供開始

〜スマホや家電の使用状況をアプリに表示〜

 

 ソフトバンク株式会社は、スマートフォン(スマホ)や家電の使用の有無から、一人暮らしの高齢者などの安否を、離れて暮らす家族が見守ることができる「みまもりサービス」の提供を、2019年12月19日に開始します。

 「みまもりサービス」は、一人暮らしの高齢者など「見守られる側」のスマホや家電の使用の有無を、離れて暮らしている「見守る側」の家族が専用アプリを通して確認することができるサービスです。見守られる側のスマホが操作された場合や、専用のIoT製品「みまもり電池」(別売り)を装着した照明やリモコンなどの家電が使用されると、見守る側のアプリに表示されます。

 「みまもり電池」は、ノバルス株式会社が開発した単3形乾電池型のIoT製品です。「みまもり電池」を、単3形乾電池を使用するさまざまな家電に乾電池として装着することにより、Bluetooth(R)を介して見守られる側のスマホアプリと連携し、家電の使用状況をシステムへ自動送信します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 スマホや「みまもり電池」を装着した家電などが一定時間使用されない場合には、高齢者など見守られる側にシステムから自動的に電話が発信され、応答がなかった場合は見守る側のアプリに異常を通知します(※1)。

 近年、一人暮らしの高齢者が増加し、離れて暮らす多くの家族が不安を感じています。「みまもりサービス」はアプリの設定が完了すれば、面倒な手続きや複雑な操作をすることなく、スマホから簡単に見守ることが可能です。「みまもり電池」は、単3形乾電池を使用する家電に装着するだけなので、工事などが不要で、手軽に、かつ安価で導入できます。カメラのような機器を使用するサービスと異なり、監視されている印象を受けにくいことから、見守られる側の抵抗感も軽減できます。

 「みまもりサービス」の開始に合わせて、“ワイモバイル”の初心者向けスマホ「かんたんスマホ」(京セラ製)に「みまもりサービス」を標準搭載します(※2)。さらに、新規契約、他社からの乗り換え(MNP)または契約変更で“ワイモバイル”の「スマホベーシックプラン」をご契約と同時に「スーパーだれとでも定額」に加入された60歳以上の方を対象に、「みまもり電池」と、「みまもり電池」を装着して使用できるセンサーライトをプレゼントするキャンペーンを、2019年12月19日から実施します。

[注]

 ※1 ソフトバンク株式会社およびノバルス株式会社の2社共同で特許出願中。無料の「シンプルプラン」では、この安否確認電話機能は利用できません。

 ※2 すでにご購入いただいた「かんたんスマホ」は、12月19日以降順次、ソフトウエア更新を行うことで自動的にインストールされます。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525101_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525101_02.pdf