DDoSやAPT攻撃に対するマネージド型の防御サービス「IIJ DDoSプロテクションサービス/エッジ」を提供開始

DDoSへの防御に加え、APT対策を含めた総合的な機能を提供

 

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、DDoSやAPT攻撃(※)などのサイバー攻撃を総合的に検知し防御する「IIJ DDoSプロテクションサービス/エッジ」を本日より提供開始いたします。

 (※)APT攻撃(Advanced Persistent Threat):特定企業を対象として、企業ネットワークに侵入し、長期的に情報窃取や破壊活動を行うタイプのサイバー攻撃

 本サービスは、インターネットとお客様ネットワークの境界(ネットワークエッジ)に、「脅威インテリジェンスゲートウェイ」と呼ばれる専用機器を設置することで、インターネットとお客様ネットワーク間の通信に潜むセキュリティ脅威を検知し、サイバー攻撃からお客様の資産を守るセキュリティ対策サービスです。

 脅威インテリジェンスゲートウェイは、米ネットスカウトシステムズ社が提供するゲートウェイ機器で、同社がグローバルにまたがるインターネット上の膨大な量のトラフィックデータを分析し、生成した最新の脅威インテリジェンス(脅威の痕跡情報)を搭載しています。ゲートウェイ機器は、インターネットとお客様ネットワークの境界でインバウンドおよびアウトバウンド双方向の通信を監視します。お客様ネットワーク上にある公開系システムをDDoSや不正アクセスから保護するとともに、企業ネットワーク上にある業務用PC、複合機、持込デバイスなど多様な端末とインターネットとの通信を監視します。フィッシングサイト、C&Cサーバとの通信、マルウェアや遠隔操作ツールなどに感染してしまった端末からの通信を脅威インテリジェンスと照合して脅威レベルを判定することで高度な標的型攻撃への対策としても効果があります。IIJは、本ゲートウェイ機器を導入するにあたってのコンサルティングから、構築、運用、監視、保守までをフルサポートし、月額課金のマネージド型セキュリティサービスとして提供します。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525102_01.pdf