さくらインターネット、総合行政ネットワーク「LGWAN」の接続サービス「LGWANコネクト」提供開始

〜ASP事業者の行政用アプリケーションのスムーズな展開をサポート〜

 

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、「LGWANコネクト」を2020年1月9日より提供開始します。本サービスにより、ASP事業者は、当社の石狩データセンターで「さくらのクラウド」または「ハウジングサービス」を利用し、総合行政ネットワーク「LGWAN(Local Government Wide Area Network)」(※1)に接続して、地方公共団体へ行政用アプリケーションを提供できます。

■概念図

 *添付の関連資料を参照

 「LGWAN」とは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が運用する地方公共団体を相互に接続する行政専用のネットワークです。インターネットから切り離された閉域網の専用回線で接続され、ファイアウォールや侵入検知といったセキュリティ機器の設置など、高度なセキュリティが確保されています。

 地方公共団体におけるセキュリティ対策の指針の一つとなっている総務省からの提言「自治体情報システム強靭性向上モデル」では、地方公共団体の人事給与や財務会計などのLGWANに接続する業務と、メールやホームページ管理などのインターネットに接続する業務を分離する必要があります。J-LISによると(※2)、地方公共団体向けのLGWAN-ASPサービス数は増加傾向にあることから、そのインフラサービス需要も高まるものと考え、このたびの「LGWANコネクト」の提供に至りました。

 「LGWANコネクト」では、J-LISの定めるLGWAN-ASPファシリティサービス(※3)に登録済みである当社の石狩データセンターで、「さくらのクラウド」または「ハウジングサービス」を利用し、LGWANに接続できます。またインターネット接続の環境として、「さくらの専用サーバ」などの当社のインターネットインフラサービスを利用し、相互に連携するシステム構成も可能です。さらに、行政用アプリケーションがスムーズに展開できるよう、J-LISへの利用申請についても当社がサポートします。

 さくらインターネットは「『やりたいこと』を『できる』に変える」の理念のもと、今後もお客さまのビジネスの発展に貢献できるインターネットインフラサービスの提供を目指してまいります。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

概念図

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525181_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525181_02.pdf