京都大学など数社の連携で歩行学習支援ロボット「Orthobot」を2019年度内に発売

「今使っている装具がロボットに変わる」新しい発想のリハビリ支援ロボットを開発

 

 京都大学、京都工芸繊維大学、佛教大学、関西医科大学、サンコール株式会社、大日本印刷株式会社、フィンガルリンク株式会社は、それぞれ協力して、歩行学習支援ロボット「Orthobot」の製品化しました。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

【概要】

 京都大学のCenter of Innovation(COI)拠点において研究開発を進めてきた、歩行学習支援ロボット「Orthobot」をこの度製品化し、2019年度内に発売します。

 Orthobotは、歩行に何らかの障害を抱える人々の歩行リハビリテーションを補助する装着型アシストロボットです。この機器はモーターとセンサーを内蔵した本体ユニットを、使用者が歩行リハビリテーションにおいてKAFO(長下肢装具)に取り付けることにより、装着者の歩行を本来有るべき歩行の運動に誘導することができます。

【背景】

 現在の日本の脳卒中の患者数は130万人に上ると言われ、後遺症や脊髄損傷等により、歩行に何らかの障害を抱える人も数多くいます。こうした人々には、歩行トレーニングによって歩行機能の改善を図ることが有効ですが、介護やデイケアの施設などで効果的なトレーニングを行うことは、難しいとされています。歩行機能の低下は、易疲労性や転倒リスクの増加、活動量の低下、廃用症候群を引き起こすリスクを高め、最終的には訓練もままならなくなって重症化してしまうという問題があります。

 歩行学習支援ロボット「Orthobot」は、その人の歩行に応じたタイミングでモーターが膝を動かすことで正しい歩き方を体験できるように開発されました。これによって、より簡便に日常生活の一部として、正しい歩行の学習を支援していくことを目指します。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525219_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525219_02.pdf