アイ・ラーニング、サテライトクラス研修を本格的に全国展開。

学びの場の多様化と効率的な研修により、DX時代の人財育成を実現

 

 JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社で、人財研修事業を行う株式会社アイ・ラーニング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮田 晃、以下アイ・ラーニング)は、札幌・大阪・広島・福岡でのサテライトクラス研修(以下サテライトクラス)を、1月初旬より本格的に全国展開します。

 働き方改革、若手社員の定着、新技術への対応、他社との競争など、企業が取り組むべき課題は山積しており、DX時代に向けて、企業活動を行ううえで欠かせない“人財の育成”は最重要課題の一つとなっています。

 従来、話題のテーマや最新技術等に関する研修は、東京での開催が主であり、首都圏以外の方には移動のコストや時間がネックとなっていました。

 アイ・ラーニングでは、新入社員からシニア社員、IT技術者にいたるまで、年間2,000以上のクラスルームを実施しており、このたびのサテライトクラスは、全国各所のサテライト会場(札幌、大阪、広島、福岡)で、東京会場での受講と変わらない臨場感と双方向性で受講することを可能にしたサービスです。東京までの交通費・出張費の削減、移動時間の短縮のみならず、受講のタイミングを逃すことなく、希望のコースを効率的に受講することができます。今春には名古屋会場の開設も予定しています。

 アイ・ラーニングは、2020年度上半期までに、100コースをこのサテライトクラスに対応することを目指し、学びの場の多様化への対応をバーチャルクラスやe-ラーニング等も含めて行い、(*)DX時代の人財育成を積極的に実現していきます。

 *DX=デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)

[サテライトクラスの特長]

 ・東京で開催しているコースを同時に各所のサテライト会場に配信し、画像と音声を通じて受講可能

 ・サテライト会場の受講者もマイクを通じて質問・回答などの双方向通信が可能

 ・演習付のコースでは、リモートの演習環境に接続して機械実習が可能

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ○サテライトクラス紹介ページ

  https://www.i-learning.jp/topics/satellite_index.html

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0526497_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0526497_02.pdf