auカブコム証券、アカマイのクラウド型セキュリティでコストの削減、柔軟な働き方と高度なセキュリティ対策を同時に実現

ゼロトラスト・セキュリティを推進し、DevSecOpsの実現へ

 

 アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:山野修、以下「アカマイ」)は、auカブコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 齋藤正勝、以下「auカブコム」)が、アカマイのクラウド型リモートアクセス管理ソリューション「Enterprise Application Access(EAA)」と、DNSベースの標的型攻撃対策ソリューション「Enterprise Threat Protector(ETP)」を採用した結果、標的型攻撃へのさらなる対策強化と運用負荷の削減を同時に実現したことを発表しました。

 三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社であるauカブコムは、「先進性、多様性ファースト」を経営ビジョンの1つとして掲げており、常にデジタルトランスフォーメーションを追求しながら様々なサービスを展開しています。また、同社はバックシステムからフロントシステムまで内製化することによって、特色あるサービス展開と高い経営効率を実現しています。

■EAAでアクセス制御の効率化、セキュリティの強化とコストの削減

 auカブコムでは、「いつでも、どこでも、安全に、オフィスにいるのと同じ環境で仕事ができること」を実現する「ゼロトラスト・セキュリティ」を推進してきました。しかし、リモートアクセスの安全性を確保するために利用しているVPNの運用の煩雑性やコストが課題となっています。さらなるクラウドファーストを推進していく上でVPNでは限界を感じた同社が、より最適な方式として採用したのがEAAでした。EAAの導入によって、社内やパブリッククラウドへのアクセス制御が効率化され、認証、認可と暗号化通信を統合する「ゼロトラスト型アクセス」で、よりセキュアなリモートアクセスを実現することができました。また、クラウドへのアクセスフローがシンプルになったことが、回線帯域のコスト、VPNハードウェアの投資コストの削減にもつながりました。

■ETPでマルウェアやフィッシング対策を実現

 もともとサイバーセキュリティに対して意識が高い金融業界において、auカブコムでもセキュリティ対策の強化は常に取り組むべき課題です。セキュリティの脅威が洗練化、巧妙化する中で、同社はマルウェアやフィッシングに対応する高度な対策としてETPを導入しました。導入したことで、アカマイの脅威インテリジェンスであるCSI(Cloud Security Intelligence)によって、マルウェアの感染予防を強化することができました。また、日々必要となる危険ドメインの更新作業をクラウドで自動化し、運用負荷が大きく低減されました。将来的には、ETPのクライアントソフトウェアを活用したモバイルユーザーへのサイバー攻撃対策が期待されています。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0526595_01.pdf