ソニービズネットワークスの勤怠管理システム「AKASHI」とIT資産管理システム「MaLionCloud」が連携!

長時間労働の是正に有効な労務管理支援機能を提供

 

 コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役会長兼社長CEO:高橋 啓介)は、情報漏洩対策+IT資産管理 クラウドサービス「MaLionCloud」(読み:マリオンクラウド)を、ソニービズネットワークス株式会社様のクラウド型勤怠管理システム「AKASHI」(読み:アカシ)と連携しました。また本連携に対応した「MaLionCloud」最新版を、本日2020年1月17日(金)に提供開始しました。

 今回の連携により、両クラウドサービスを活用するユーザー企業は、打刻データを基にした勤怠管理、労働状況・残業状況の可視化、該当従業者への残業警告・PC強制終了など、36協定を遵守した労務管理体制を実現できます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 2019年4月より「働き方改革関連法」が順次施行される中、企業の働き方改革に対する真摯な取り組みがこれまで以上に求められています。特に時間外労働については、罰則付きの上限が初めて法制化されました。さらに施行当初、適用が猶予されていた中小企業についても2020年4月より時間外労働の上限規制が大企業同様に適用されます。就業規則の見直し、関連システムの入れ替えなど、従業者の労働時間を適正に管理するための体制づくりや改善は、あらゆる企業にとって喫緊の課題となっています。

 「MaLionCloud」では近年、タイムレコーダーによる記録上の労働時間と実際の労働時間の乖離を可視化/是正することで従業者の労働時間の適正な管理を支援するべく、各種勤怠管理システムとの連携を進めています。今回新たに「AKASHI」と連携することで、働き方改革を志向する「MaLionCloud」ユーザーのニーズに、より広範囲に対応できるようになります。

 「AKASHI」との連携により実現する労務管理支援機能の主な特長は次の通りです。

  (1)収集ログを基に従業者の労働状況をレポート出力することで、サービス残業などの実態を一目で把握できる点。

  (2)「AKASHI」が出力した打刻データの取り込みからレポート出力まで、一連の操作を設定により定期実行できる点。

  (3)36協定上の時間外労働時間数を踏まえた警告表示やPC強制終了により、残業管理を徹底できる点。

 インターコムでは、今後も「MaLionCloud」の機能追加に加え、各種勤怠管理システムとの連携を積極的に進めることで、働き方改革を志向する「MaLionCloud」ユーザーに対し、高い利便性を提供し続けて参ります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0527008_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0527008_02.pdf