10ギガ対応 拡張モジュール「AT-XEM2-12XS v2」をリリース

 

 アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、スイッチ製品用の拡張モジュール「AT-XEM2-12XS v2」、ならびにアカデミック製品の出荷を1月27日より開始します。

 AT-XEM2-12XS v2は、1000Mbps/10Gbpsの通信が利用可能なSFP/SFP+スロットを12スロット搭載した、スイッチ製品「SwitchBlade x908 GEN2」および「CentreCOM x950シリーズ」用の拡張モジュールです。

 本製品はSwitchBlade x908 GEN2において、ほかのXEM2シリーズの拡張モジュールと併用することで、多彩なインターフェースの提供が可能となり、柔軟性に優れた構成を実現します。

■新製品

 ・リリース予定日:1月27日

 ※表資料は添付の関連資料を参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0527568_01.pdf