GitHub Indiaを現地法人として設立

急成長する開発者コミュニティと企業顧客向けサービスを強化

 

 オープンソースプロジェクトおよびビジネスユースを含む、ソフトウェアの開発プラットフォームを提供するGitHub,Inc.(本社:米国サンフランシスコ、以下ギットハブ)は、2月13日(インド現地時間)に、GitHub,Inc.の子会社としてGitHub India Private Limitedを設立しました。GitHubにとって重要な地域でああるインドのコミュニティの活躍には、目覚ましいものがありました。アクティブなGitHub開発者の数は、全コミュニティの中でも3番目に多く、昨年には22%の成長を遂げました。GitHub Indiaを設立によって、インドの開発者や企業顧客向けサービスの強化とともに、現地開発者にこれまで以上に身近な存在になることを目指します。

 GitHub Indiaのゼネラルマネージャーに就任したManeesh Sharmaは、インドでのGitHubの成長戦略を指揮していきます。お客様がDevOpsのベストプラクティスを大規模に取り入れ、1億件以上の各種プロジェクトで4,000万人以上の開発者と協力できるよう、今後数か月にわたり、コミュニティ、エンジニアリング、販売、サポート、マーケティング、サービスなど各部門のチーム編成を行う予定です。

■開発者コミュニティ向けサポート

 アクティブなGitHubの開発者数において世界3位を誇るインドでは、開発者が真の意味でソフトウェアの未来を築いています。過去1年間で、インドのパブリックリポジトリ数は75%増加しました。これは、インドの開発者コミュニティ内でコラボレーションが急増していることを意味しています。GitHub Indiaが開発者同士の関係を強固にし、開発者、メンテナー、企業の垣根を超えたオープンソース開発を推進していきます。

 また、インドには世界最大級の学生開発者コミュニティがあります。学生の能力を高め、オープンソースの未来に投資することが、素晴らしいインドの開発者エコシステムをサポートする鍵になると、ギットハブは信じています。その実現に向け、GitHub Education( https://education.github.com/students )ではインドの学生を対象として、最大1,000ドルを助成することで学生向けハッカソンを支援( https://mlh.io/event-membership#hackathongrant )するなど、次世代開発者のサポートにも情熱を注いでいます。今まで以上にGitHubの学生コミュニティが協力しあい、GitHubで活躍できるようサポートを行っていきます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0528973_01.pdf