戦略立案から開発・保守運用までスムーズなRPA導入を支援する

「UiPathメソドロジー」を無料公開

 

 東京発2020年2月17日−ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation 以下「RPA」)ソフトウェアにおけるリーディングカンパニー、米UiPath(ユーアイパス)社の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長谷川康一、以下「UiPath社」)は、本日、RPAソフトウェア「UiPath」導入の標準フレーム・方法論のパッケージ「UiPathメソドロジー」の無料公開を開始しました。

 RPAは、働き方改革や業務効率化の切り札になるテクノロジーとして注目されていますが、導入後に十分な投資対効果(ROI)をあげ、効率向上を実現するためには、プロジェクトの規模に関わらず、企業のRPA導入における戦略立案段階から、開発や運用のステージを念頭において導入を進めることが重要です。スモールスタートで導入する場合も、将来的な規模の拡大を想定したプロジェクト進行が成功の鍵となります。一方で、新しいテクノロジーであるRPAのプロジェクトをどのように進め、どのようなアウトプットを出すことによってスムーズで効果的な導入が実現できるか、といったナレッジはこれまで体系化されたものがありませんでした。

 UiPathメソドロジーは、UiPath導入をスムーズに実現できるよう、これまでお客様への導入支援やサポートで培ったノウハウをもとに、UiPath導入の標準フレーム・方法論をパッケージ化したものです。RPAプロジェクトの段階や状況により、必要なタスクやアウトプットがわかるだけでなく、テンプレートを使用して成果物を作成することでプロジェクトの効率を上げることができます。テンプレートの数は100を超え、UiPath導入における全てのステージにおいて活用することができます。

 UiPath社は、RPAプロジェクトを「PoCステージ」「パイロットステージ」「強化ステージ」「制度化ステージ」の4段階に分け、それぞれのステージで活用できる4つのメソドロジーを提供します。これら4つのメソドロジーは、プロジェクトの規模や環境・目的に応じて取捨選択し、カスタマイズして利用することができます。最初から大規模導入するケースでも利用できる網羅的な構成になっている一方で、スモールスタートで導入する場合においても、最低限のタスクやドキュメントを取捨選択し、プロジェクトの規模拡大に応じて、後からタスクやドキュメントを追加することができます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0529072_01.pdf